1965年初出の国産ダイバーの始祖・セイコー・ダイバー・6217-8001(62MAS-010)

復刻版SBDX019とは異なるオリジナルモデルの存在感

SRPC44

セイコー・ダイバー・150m・6217-8001(62MAS-010)
半世紀前以上の時計が現存しているだけでも奇跡といえる、セイコー・ダイバー・1st。全体的にエイジングされたフェイスがオリジナルモデルならではの存在感を放っているように見える。
Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す

SRPC44

セイコー・ダイバー・150m・6217-8001(62MAS-010)
復刻版SBDX019とは異なりオリジナルモデルは当然アクリル製の風防となる。もちろんリューズは非ねじ込み式となるので、防水スペックは期待しない方がよい。
Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す

SBDX019
セイコー・プロスペックス ダイバースキューバ ヒストリカルコレクション 国産ファーストダイバーズ 復刻デザイン・SBDX019
2017年7月8日に登場したSBDX019。2017年3月のバーゼルワールドで発表され話題を独占した「62MAS-010」復刻モデル。近年のセイコーモデルとしては唯一とも言えるプレミア化となったモデル。中古市場の価格は高値安定傾向。350,000円+税。世界限定2,000本。
Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す

諏訪精工舎(現セイコー・エプソン)が作った国産初の150mダイバー。

時は1965年(昭和40年)、アイビースタイルが流行し、3C時代(車、カラーテレビ、クーラー)が流行った時代、諏訪精工舎(現セイコー・エプソン)が作った国産初となるダイバー、6217-8001(62MAS-010)は登場しました。防水は150メートルのスペックとなりますが、現在のダイバーズ時計では当たり前ともいえる「逆回転防止付きベゼル」は「両方向回転式」となり、「ねじ込み式ロックリューズ」は通常のリューズと、セイコーダイバーの原点ともいえるスペックでした。当時は潜水時計の規定もはっきりとしていなかったことや、ダイバーからの意見などを経てセイコーダイバーは進化をしていきます。

今回、紹介するモデルはそんなセイコー・ダイバーの原点、セイコー・ダイバー・150m・6217-8001(62MAS-010)を紹介。2017年にオリジナルを忠実に再現した、「復刻版SBDX019」が発売され、世界限定2000本がアッという間に売り切れたことは記憶に新しいと思います。現在はプレミア価格で流通し、その人気の高さはあらためて実証されています。となると、オリジナルモデルの価格上昇は当然の結果と言えるでしょう。

ムーブメントは自動巻きCal.6217を搭載。文字盤はあえてグレー文字盤としたところも特徴です。ケースサイズは37ミリのサイズで、後の復刻版も同サイズでした。

2016年当時は10万円以下で推移していたのが、現在は3倍以上の価格で流通している1stモデル。コチラの個体は「378,000円(税込)」となりますが、復刻版よりは低価格となります。ショップのコメントを見ると、「オーバーホール/外装仕上げ」、新品カーフベルトが装着されているようです。オリジナルのコンディションを重視し過度な仕上げはしていないとのことなので、オリジナル重視の方にも満足できるものではないでしょうか。

スペック

  • ブランド名:セイコー
  • モデル名:ダイバー・150m
  • 型番(Ref.):6217-8001(62MAS-010)
  • 駆動方式:自動巻き
  • ムーブメント:6217
  • 防水性能:150m防水
  • ケース材質:ステンレススチール
  • 機能:日付カレンダー機能、両方向回転ベゼル
  • 定価:13,000円(当時)
  • 発売日:1965年~1967年
  • 販売数量:-

セイコーが好きな方はクリック!!

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ