ディスコン? セイコー・プロスペックス マリーンマスター オーシャンクルーザー

海洋冒険家・白石康次郎監修のヨットレース用モデル

SDGM001
セイコー・プロスペックス マリーンマスター オーシャンクルーザー GPSソーラー・白石康次郎スペシャル・SBED001
海洋冒険家・白石康次郎とのコラボレートモデル。緯度経度線をモチーフとした文字盤、マリンモデルらしい「青×白」という、セイコーらしからぬ派手な限定モデル。
定価:330,000円+税。1500本限定。
Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す

SDGM001
セイコー・プロスペックス マリーンマスター オーシャンクルーザー GPSソーラー・SBED003
一部セラミックスを使用するもオールチタン素材で巨大なボディながらも軽量化がほどこされているレギュラーモデル。私的にはベゼルがオールブラックであれば全体的にしまった印象になったのではないかと思いますが。定価:280,000円+税。
Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す

SDGM001
セイコー・プロスペックス マリーンマスター オーシャンクルーザー GPSソーラー・SBED005
マリンカラーをより強調させたブルーのシリコンバンドとホワイト文字盤でよりカジュアルな印象となるSBED005。リューズガードまでホワイトセラミックとなります。
定価:250,000円+税。
Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す

SDGM001
セイコー・アストロン・SBXB123
価格でバッテイングするのがこちらのアストロン・エグゼクティブライン。ターゲットが異なるとはいえ質感は上。オーシャンクルーザーに比較し日常生活用強化防水(10気圧)が劣りますが、日常使用においてはアドバンテージにはならないかも。
定価:250,000円+税。
Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す

GPSソーラームーブ搭載のマリンモデル

セイコー公式WEBサイトのプロスペックスページからいつの間にか消えてしまっていた、「プロスペックス マリーンマスター オーシャンクルーザー GPSソーラー」。2016年7月の発表時には白石康次郎監修ということもあり、大々的に販促していた気がしますが、セールスには結び付かなかったということでしょうか。

初期アストロン7X系が8X系に移行されたときに使われた「ダウンサイジング」という言葉が思い浮かんでしまいます。海外ユーザーはともかく日本人の腕にはやはり大きすぎる気がしますね。チタン素材とはいえ幅48.5ミリ×厚さ14.7ミリという堂々たるサイズはね。ただ、実際に購入された方のクチコミを見ると大きさに関しては低いレビューはないようです。

ムーブメントは8X53なので、アストロンと同一。アストロンを購入するユーザーとはデザイン上、バッティングすることはないでしょうね。何とかSBED003はオンタイムでも使用できるかな~といった感じです。白石康次郎モデルのSBED001とシリコンバンドのSBED005はオフタイム用ですね。

ディスコン(未確定)と言っても未だ新品購入は可能なようなので、気になる方はいかがでしょうか?

オーナーのクチコミ

・重量感は想像よりも軽く、大きさを感じさせない。
・派手なカラーリング(SBED001)だが、今までのセイコーにはない斬新なカラー。
・信頼のセイコーだから安心して使用できる。

スペック

  • ブランド名:セイコー
  • モデル名:プロスペックス マリーンマスター オーシャンクルーザー GPSソーラー
  • 型番(Ref.):SBED003(黒)、SBED005(白)
  • 駆動方式:GPSソーラー
  • ムーブメント:8X53
  • 防水性能:日常生活用強化防水(20気圧防水)
  • ケース材質:チタン+一部セラミックス
  • 機能:ワールドタイム機能、カレンダー機能、etc
  • 定価:280,000円+税(SBED003)、250,000円+税(SBED005)
  • 発売日:2016年7月8日

セイコーが好きな方はクリック!!

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ