セイコー グランドセイコー ハイビート36000 250本限定 「62GS」 Ref.SBGH261


セイコー グランドセイコー ハイビート36000 250本限定 「62GS」 Ref.SBGH261
美しいグリーン文字盤にイエローの差し色が爽やかな「62GS」復刻デザイン。新「GS」ロゴモデルとしては初の「62GS」復刻モデル。

※画像はセイコー公式webサイトからの転載です。

セイコー グランドセイコー ハイビート36000 250本限定 「62GS」 Ref.SBGH261とは!?

2014年6月に発売された世界限定600本となる「Ref.SBGJ005」を彷彿とさせる、250本限定モデルの「Ref.SBGH261」が登場。今回はセイコープレミアムブティック/セイコープレミアムウオッチサロン限定というまさにプレミアムモデル。グリーン文字盤にイエローの差し色は岩手県の森林をイメージしたカラーなのでしょうか。グリーンの文字盤は縦のストライプが入り、さらに上質な雰囲気が与えられています。

「62GS 現代デザイン」はケースのサイドにある「超接線」から「かん足」の流れるようなフォルムが特徴で、ヴィンテージ市場においても未だ高い人気を誇るモデル。セイコースタイルのデザインを決定付けたことでも知られ、現代のセイコーにも継承されている「ザラツ研磨」などの技術が組み込まれたモデルとなります。ムーブメントはハイビート仕様のメカニカル・キャリバーCal.9S85を搭載しています。

250本という非常に希少なモデル。お探しの方はお早目に。

オススメしたいポイント

「62GS」現代デザインをベースとしたプレミアム限定モデル。250本限定という希少性にも注目。

セイコー グランドセイコー ハイビート36000 「62GS」復刻デザイン Ref.SBGH037
「62GS」の特徴あるフォルムを現代流に解釈したモデル。セイコースタイルの伝統が受け継がれたサイドケースの「超接線」から「かん足」の造形は見事。ステンレススチールケース。発売当時の定価620,000円+税。1000本世界限定。2015年6月発売。

※画像はセイコー公式webサイトからの転載です。


セイコー グランドセイコー ハイビート36000 「62GS」復刻デザイン Ref.SBGH039
「62GS」の特徴あるフォルムを現代流に解釈したモデル。深いブラウンの文字盤は落ち着いたコーディネイトに映えそう。販売本数は700本とさらに少ない。ステンレススチールケース。発売当時の定価620,000円+税。700本世界限定。2015年6月発売。

※画像はセイコー公式webサイトからの転載です。


セイコー グランドセイコー スプリングドライブ 「62GS」復刻デザイン Ref.SBGA125
「62GS」の特徴あるフォルムを現代流に解釈したモデル。ムーブメントはセイコー独自のスプリングドライブ仕様。ブライトチタンケース。発売当時の定価620,000円+税。1000本世界限定。2015年6月発売。

※画像はセイコー公式webサイトからの転載です。


セイコー グランドセイコー スプリングドライブ 「62GS」復刻デザイン Ref.SBGA127
SBGA125のブルー文字盤仕様。ムーブメントはセイコー独自のスプリングドライブ仕様。ブライトチタンケース。発売当時の定価620,000円+税。700本世界限定。2015年6月発売。

※画像はセイコー公式webサイトからの転載です。

スペック

グランドセイコー
グランドセイコー ハイビート36000 250本限定 「62GS」/Hi-beat 36000 「62GS」
型番:SBGH261
発売日:2017年11月
ムーブメント:自動巻きCal.9S85
ケース幅:40ミリ×厚さ12.9ミリ
定価:620,000 円+税

Ref.SBGH261を購入するなら

コチラ

グランドセイコー「SBGH」系を購入するなら

Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す
セイコーが好きな方はクリック!!
時計ランキングにほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へにほんブログ村




セイコー プロスペックス 3rd復刻 グリーンタートル(緑亀・アオウミガメ)SRPB01K1


セイコー プロスペックス 3rd復刻 グリーンタートル(緑亀・アオウミガメ)SRPB01K1

※画像はStrapcodewebサイトからの転載です。

セイコー プロスペックス 3rd復刻 グリーンタートル(緑亀・アオウミガメ)SRPB01K1

今回はセイコー・ダイバーズでもっとも普及したであろう「3rd」、それも復刻のアジア限定というニッチなグリーンタートル(緑亀・アオウミガメ)SRPB01K1をご紹介です。2016年12月にアジア限定(日本は含まれず)でわずか3500本限定という将来プレミア化させるかのようなモデルが販売されました。

当時は「3rd復刻」が発売される前ということもあり、狼煙とばかりにアジア限定で販売されたのでしょう。その狼煙によってかアッという間に転売対象モデルとなり、現在入手はほぼ不可能。定価(8万円くらい?)以上のプレミア価格で流通しているようです。

レギュラーモデルの「プロスペックス 3rd復刻」と異なる専用部品は美しいエメラルドグリーンの文字盤、同じく20の目盛までエメラルドグリーンの回転ベゼル、15秒間隔でイエローとなるミニッツトラック、先端がイエローとなるセンターセコンドでしょうか。化粧箱、シリコンストラップが付属するのはセイコー限定モデルではお馴染みですね。

搭載される自動巻きムーブメントはレギュラーモデルと同様にCal.4R36となり、手巻き機構付きとなります。曜日は品番がK1となるため、「英語+スペイン語」の表示となります。ケースサイズは45ミリ、その他仕様はレギュラーモデルと同等です。

いずれにしてもすでに完売モデルだけに見つけたら即購入が必須のモデルですね。

オススメしたいポイント

アジア地域(日本は別)向けにわずか3500本限定で販売された希少モデル。セイコー好事家によりほとんど市場に出回っていないグリーンタートル。美しいカラーは下記のようにブレスレット、ストラップを替えるだけでこんなにも愉しめる。


セイコー プロスペックス 3rd復刻 グリーンタートル(緑亀・アオウミガメ)SRPB01K1

定番の3連オイスターブレス仕様。316L素材のため、5連ジュビリーブレスレット同様にガッチリとした装着が得られます。

※画像はStrapcodewebサイトからの転載です。


セイコー プロスペックス 3rd復刻 グリーンタートル(緑亀・アオウミガメ)SRPB01K1
5連ジュビリーブレスレット仕様を装着したグリーンタートル。板巻きブレスではなく316Lなのでガッチリと手首をホールドしてくれます。

※画像はStrapcodewebサイトからの転載です。


セイコー プロスペックス 3rd復刻 グリーンタートル(緑亀・アオウミガメ)SRPB01K1
シャークメッシュブレスは1970年代のダイバーズモデルに採用されていたクラシカルなブレスレット。3rdも当時デザインされていた時計なのでよく似合います。

※画像はStrapcodewebサイトからの転載です。


セイコー プロスペックス 3rd復刻 グリーンタートル(緑亀・アオウミガメ)SRPB01K1
ブラックカーフのイタリアンレザーストラップ仕様。黒革なので手元を落ち着いた雰囲気とさせてくれます。

※画像はStrapcodewebサイトからの転載です。

スペック

セイコー
プロスペックス 3rd復刻/Prospex 3rd
型番:SRPB01K1
発売日:2016年12月
ムーブメント:自動巻きCal.4R36
ケース幅:45ミリ×厚さ-ミリ

セイコー プロスペックス 3rd復刻 グリーンタートル SRPB01K1を購入するなら

Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す

その他のセイコー プロスペックス 3rd復刻を購入するなら

Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す


時計ランキング

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村




シチズンコレクション スポーティーメカニカルウォッチ NP4080-50E NP4080-50L NP4080-50A

低価格スポーティーメカニカルモデル登場

2016年に登場した国内向けスタンダードラインの本格メカニカルモデルがこちらの「シチズンコレクション スポーティーメカニカルウォッチ」です。セイコーと比較するなら、Cal.6R15を搭載している「SARB033」がライバルでしょうか。

ヴァシュロン・コンスタンタンのオーバーシーズ、IWCの旧インジュニアあたりに通ずる、ケースからブレスレットへの流れるようなラインが美しい、コストパフォーマンスに優れる機械式時計というところがセールスポイントでしょうか。

実用面においては41.5ミリサイズにデイデイト機構(英語・日本語切替)、10気圧防水と現代の水準としては充分なスペックが与えられています。搭載する自動巻きムーブメントは自社製Cal.4150で、メーカー発表の精度では-20~+40秒/日とのこと。ちなみにパワーリザーブは40時間で手巻き補助付きとなります。ちなみにセイコーのCal.6R15は-15~+25秒/日で、パワーリザーブは50時間となっています。ご参考までに。シチズン伝統の耐震装置「パラショック」も装備しています。

文字盤は立体的な構造で価格を考えると手の込んだ仕様。長針がバーインデックスの外側まで届いていないのが残念ですが、太い針は視認性においても優れています。シルバー文字盤のみ青針をわざわさ装備している点にシチズンの力の入れ具合が判断できます。

低価格でありながらもしっかりとした作りが愉しめるモデル。昔ながらのシチズンの片鱗が残るメカニカルモデルとなります。

ラインナップ


シチズンコレクション スポーティーメカニカルウォッチ Ref.NP4080-50E
シリーズ中、もっとも引きしまって見えるのがブラック文字盤。センターに入るさりげない装飾もポイント。
Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す


シチズンコレクション スポーティーメカニカルウォッチ Ref.NP4080-50L
腕時計のカラーで三番目に人気のブルー文字盤。洒落たスタイルにあわせやすい。
Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す


シチズンコレクション スポーティーメカニカルウォッチ Ref.NP4080-50A
シルバーの文字盤にはブルーの長短針がよく似合う典型ともいえるフェイス。
Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す

スペック

シチズン
シチズンコレクション スポーティーメカニカルウォッチ/Sporty mechanical Watch
型番:NP4080-50E、NP4080-50A、NP4080-50L
発売日:2016年5月
ムーブメント:自動巻きCal.4150
ケース幅:41.5ミリ×厚さ11.2ミリ
定価:50,000 + 税


時計ランキング

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村




セイコー 150mダイバー 2nd・前期型 Ref.6105-8000


セイコー 150mダイバー 2nd・前期型 Ref.6105-8000

※画像は京都屋サイトからの引用です。

セイコー 150mダイバー 2nd・前期型 Ref.6105-8000

セイコーダイバーズの系譜においての2ndダイバーは通称「植村ダイバー(前回の記事参照)」として現在もヴィンテージ市場では人気を博しているモデルとなります。こちらはそちらの2ndの前期型となります。リファレンスはRef.6105-8000、Ref.6105-8009が存在するようですが、その違いは販路、もしくは工場が異なるのかはわかりません。

1stモデルとなる「62MAS-010」を継承したスクエア型のインデックス、ジェンタ風の「C-Line」を彷彿とさせるケースデザインは2ndから後の3rdへと受け継がれていきます。後期型は冒険家「植村直己氏」の意見が反映されたのか、個性的なリューズガードが特徴で前期型は大きく異なるデザインとなります。故に市場人気は後期型に人気を譲ります。

機能面においても前期型はリューズロック、ハック機能が付かないため、わずか数年となりますが技術革新のスピードが高い時代だったことを想像させます。故にムーブメントも異なり、前期型はCal.6105Aを搭載(日付早送り、手巻き補助なし)。この辺は現在、日常使用とするならば若干手間がかかることを予めご承知しておきたい部分となります。ヴィンテージ時計好きには「味」の部分ですがね。

オススメしたいポイント

セイコー150mダイバーの2ndで有名なのが後期型の「植村ダイバー」で、前期型は後期型のような特徴のあるリューズガードを備えていないこと、また生産期間が短いことで市場流通が少ないことがあげられます。


当時としてはかなり大型となる41ミリケースサイズを誇ったセイコー・150mダイバー 2nd 前期。

※画像は京都屋サイトからの引用です。


ハック機能が付いていないシンプルなCal.6105A。裏蓋にオーバーホールを行った日付が確認できます。

※画像は京都屋サイトからの引用です。


イタリアンレザーストラップに交換されているようです。後年のセイコーダイバーズ用蛇腹ラバーストラップに交換してもおもしろいかも。

※画像は京都屋サイトからの引用です。

スペック

セイコー
150mダイバー 2nd 前期/150m Diver 2nd
6105-8000
1968年製
Cal.6105A

セイコー 150mダイバー 2ndを購入するなら

Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す

スピリットを継承する現行セイコーダイバーズを購入するなら

Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す


時計ランキング

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村




セイコー グランドセイコー ハイビート36000 GMT 700本限定 孔雀 Ref.SBGJ227


セイコー グランドセイコー ハイビート36000 GMT 700本限定 孔雀 Ref.SBGJ227

※画像はセイコー公式サイトからの引用です。


ザラツ研磨で磨かれたグランドセイコーの美しいケース。平面の歪みがなく、日本人だからこそできる緻密な作業が愉しめる。

※画像はセイコー公式サイトからの引用です。


セイコーのロゴはオミットされ、「GS」、「GMT」、「GMT針」がゴールド色となり、グリーンの文字盤は孔雀を彷彿とさせる。

※画像はセイコー公式サイトからの引用です。

セイコー グランドセイコー ハイビート36000 GMT 700本限定 孔雀 Ref.SBGJ227とは!?

2014年のバーゼルワールドで登場したグランドセイコー・ハイビートムーブにGMT機構を搭載した「SBGJ」系。1967年に発売された「44GS」をモチーフとしたセイコースタイルを継承したモデルとなります。「44GS」のデザインアイデンティティとも言える幅広のケースラグは重厚感と美しさを高次元でまとめ上げたともいえるでしょう。

磨きまれた超短針、秒針に加えられたGMT針は文字盤によってカラーが異なるのもポイント。シルバー、白文字盤には青針、黒文字盤には赤針、限定モデルにはゴールド針が備わります。

今回、紹介するSBGJ227は海外限定700本モデル。2014年に世界限定600本で販売されたSBGJ005に見られる美しいグリーン文字盤となりますが、よく見ると岩手山の尾根とは異なる装飾が! 翻訳してみるとどうやら孔雀をモチーフとしているとのこと。ムーブメントは自動巻きのCal.9S86を搭載しています。

国内にはアナウンスされていないため、海外のみの販売になるかは現時点では不明です。定価を日本円で計算すると100万円オーバーとなり、グランドセイコーも高くなったなぁと感慨深くなりました。

歴代グランドセイコー「SBGJ」系をおさらい

SBGJ227発売記念ということで(!?)、過去リリースされた「SBGJ」系をおさらいしてみましょう。2014年リリースなので、中古市場にもポツポツと登場しているようです。人気モデルということもあるのか50万円前後という価格で推移しているようです。雫石高級時計工房で生産された国産最高峰のメカニカルハイビートモデルがこの価格で手に入れられるのならばだいぶ割安と考えられるでしょう。


セイコー グランドセイコー ハイビート36000 GMT Ref.SBGJ001
岩手山の尾根を装飾したシルバー文字盤と青色のGMT針が上品。発売当時の定価630,000+税。2014年6月発売。

※画像はセイコー公式サイトからの引用です。


セイコー グランドセイコー ハイビート36000 GMT Ref.SBGJ003
オーソドックスな黒文字盤となりますが文字盤には岩手山の尾根がさりげなく装飾されています。発売当時の定価630,000+税。2014年6月発売。

※画像はセイコー公式サイトからの引用です。


セイコー グランドセイコー ハイビート36000 GMT Ref.SBGJ005
世界限定600本となるリミテッドモデル。岩手県の森林をイメージした深いグリーン文字盤が美しい。専用となるゴールドローターを装備。発売当時の定価660,000円+税。2014年6月発売。

※画像はセイコー公式サイトからの引用です。


セイコー グランドセイコー ハイビート36000 GMT Ref.SBGJ013
約30%のダイエットに成功したブライトチタン素材となるSBGJ013。縦ストライプの文字盤はブラックとなるがダークブラウンにも見える独特なカラー。発売当時の定価730,000円+税。2015年4月発売。

セイコー グランドセイコー ハイビート36000 GMT Ref.SBGJ021
セイコー創業135周年記念モデル。朝焼け時の岩手山の情景を模した文字盤、暁の光が昇っていく様をグラデーションで表現したローターが特徴。700,000円+税。世界限定500本。2016年11月発売。

※画像はセイコー公式サイトからの引用です。


セイコー グランドセイコー ハイビート36000 GMT Ref.SBGJ023
髙島屋 横浜店 限定モデル。ピンクゴールドのGMT針と獅子の紋章が描かれたブルーの文字盤が魅力。発売当時の定価700,000円+税。世界限定25本。2016年発売。

※画像はセイコー公式サイトからの引用です。


セイコー グランドセイコー ハイビート36000 GMT Ref.SBGJ201
新「GS」ロゴを配した現行型の白文字盤。発売当時の定価670,000円+税。2017年5月発売。

※画像はセイコー公式サイトからの引用です。


セイコー グランドセイコー ハイビート36000 GMT Ref.SBGJ203
新「GS」ロゴを配した現行型の黒文字盤。発売当時の定価670,000円+税。2017年5月発売。

※画像はセイコー公式サイトからの引用です。


セイコー グランドセイコー ハイビート36000 GMT Ref.SBGJ211
新「GS」ロゴを配した現行型の白文字盤+縦ストライプ。ブライトチタンケース。発売当時の定価770,000円+税。2017年5月発売。

※画像はセイコー公式サイトからの引用です。


セイコー グランドセイコー ハイビート36000 GMT Ref.SBGJ213
新「GS」ロゴを配した現行型の黒文字盤+縦ストライプ。ブライトチタンケース。発売当時の定価770,000円+税。2017年5月発売。

※画像はセイコー公式サイトからの引用です。

スペック

グランドセイコー
ハイビート36000 GMT 限定「孔雀」/Hi-beat 36000 GMT 「peacock」
型番:SBGJ227
発売日:2017年10月
ムーブメント:自動巻きCal.9S86
ケース幅:40ミリ×厚さ14.4ミリ
定価:7,700 Euro(約102万)

グランドセイコー「SBGJ」系を購入するなら

Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す


時計ランキング

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村

セイコーダイバーズウオッチの進化の過程を知るなら必読。

セイコー 150mダイバー 3rd・Ref.6306-7001


国内市場向けに販売されていた、セイコー 150mダイバー 3rd・Ref.6306-7001。

※画像はスイートロードwebサイトからの引用です。

セイコー 150mダイバー 3rd・Ref.6306-7001とは!?

前回、ご紹介した「セイコー 150mダイバー 2nd・Ref.6105-8110」に引き続き、今回はその後継機とも言うべき、「セイコー 150mダイバー 3rd・Ref.6306-7001」を紹介いたします。

1965年に発表された「62MAS-010」から続くセイコー・ダイバーズの歴史において、通称「3rd」、海外では「Turtle(タートル)」と呼称されていることでも知られるモデル。2017年にサムライ・ブルーラグーン(SRPB09)と同時に海外で復刻(SRPB11)されたことは記憶に新しいところ。最近のセイコーは過去のヘリテージモデルを蘇らせていることはセイコー好事家としては嬉しいところ。

さて、こちらのオリジナル3rdは、例によって国内版と海外版が存在。リファレンスは国内版がRef.6306で、海外版がRef.6309となります。ネット上では流通している海外版の殆どが偽物という話も。ムーブメントも異なり、国内版は21石(海外版は17石)を搭載したCal.6306Aとなります。

オススメポイント

2ndとの外見上の大きな違いはタートルと言われるケースのデザイン、ドットインデックスが大きなところでしょうか。ダイバーズ時計らしいデザインが完成されたのも3rdからと言ってよいでしょう。

さて、こちらの個体は1979年製。曜日表示は日本語と英語が切り替わり、外装は年式にしてはコンディションが優れているとのこと。シブい動きとなりやすい回転ベゼルのクリック感も良好の様子。年々、コンディションが優れたオリジナルモデルが少なくなってきているため、決断はお早めに。


ダイバーズ時計のスタンダードとも言えるフェイスはこの頃に完成していた。6時~7時位置には「JAPAN」の表記が見られる。


無骨な自動巻き、Cal.6306Aの姿が見られる。22ミリ幅のセイコー純正ウレタンストラップは新品に交換済み。


タートルの美しいサイドビュー。ケースバックに向かって美しく傾斜されている。

スペック

セイコー
150mダイバー 3rd/150m Diver 3rd
6306-7001
1979年製
自動巻きCal.6306A
150メートル防水

Yahoo!ショッピングで探すなら

↓↓↓コチラ

楽天市場で探すなら

↓↓↓コチラ


時計ランキング

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村

セイコーダイバーズウオッチの進化の過程を知るなら必読。

セイコー 150mダイバー 2nd・後期型 Ref.6105-8110

※画像はスイートロードwebサイトからの引用です。

セイコー 150mダイバー 2nd・後期型 Ref.6105-8110

セイコー・ダイバーズの始祖とも言うべき、1965年に発売されたファーストダイバー「62MAS-010」。2017年のバーゼルワールドで当時のデザインをそのままに復刻された「SBDX019」は、瞬く間に完売したことでも記憶に新しいことでしょう。

今回、ご紹介するのは、セイコー・ダイバーズの歴史に欠かすことができない名作となる通称「植村ダイバー」です。「セイコー 150mダイバー 2nd・Ref.6105-8110」は、冒険家「植村直己氏」が開発、そして着用して実際に冒険をしたことでそのタフネスさを実証した本物ということで語り継がれているモデル。

4時位置のリューズは現在にも通ずるセイコー・ダイバーズの象徴となりますが、ケースサイドから見るこの優雅なラインはプロフェッショナルモデルということを忘れさせてしまうほど美しいケースとなります。「62MAS-010」に通ずる視認に優れるインデックスなどプロユースモデルらしい仕様はそのままに継承されています。ムーブメントは後期型は自動巻きのCal.6105Bでハック機構付き。初期型はCal.6105Aでした。

オススメしたいポイント

こちらの個体は1975年製の「セイコー 150mダイバー 2nd・Ref.6105-8110」後期型となります。44.5ミリのケースは経年変化による傷がありますがこれくらいのほうが味があってカッコいいと思います。ストラップはラバー仕様ではなく、落ち着いた雰囲気を演出するレザーストラップ。

程度の良いモデルが少なくなってきているため、お探しの方はお早めに。

SPEC

セイコー
150mダイバー 2nd/150m Diver 2nd
6105-8110
1975年製


40年を経過しているわりには優れたコンディション。


スクリューバックケースを外すと、Cal.6105Bが現れます。後期型なのでハック機構付きなので実用性に優れます。


「植村ダイバー」の象徴ともいえるこのケースサイドの美しいライン。1st、3rdの復刻があっただけに、2ndの復刻も期待したいところ。

ここで購入できる

Yahoo!ショッピングでセイコー 150mダイバー 2nd・Ref.6105-8110を探すならコチラ
楽天市場でセイコー 150mダイバー 2nd・Ref.6105-8110を探すならコチラ


時計ランキング

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村

セイコーダイバーズウオッチの進化の過程を知るなら必読。

まだ手に入れることが可能。セイコー×ナノユニバースの2016コラボモデル

500本限定となるがまだ間に合う!?

有名セレクトショップの中でベスト3に入る知名度を誇る「ナノユニバース(nano・universe)」とセイコーがコラボレートしたのが2015年。ナノユニバースの世界観を表現したオールブラック仕様の「SCVE031」、「SCVE025」は300本という少数販売ということもあり、あっという間に完売してしまいました。

これだけ売れるのであればと翌年の2016年の第二弾は「ミリタリー」&「パイロット時計」をモチーフとし、ナノユニバースならではのオールブラックモデルが登場。今回は若干、限定本数を増やし500本となり、4型をリリース。

12時位置の三角マークと極太のアラビアインデックスのパイロットモチーフの「SCVE035」33,000円+税、極太のオールアラビアインデックスがミリタリーテイストを強調する「SCVE039」28,000円+税、3.6.9インデックスがジン(Sinn)を彷彿とさせるカモフラ文字盤の「SCVE037」33,000円+税、そしてオールブラックのユニークダイアル仕様の「SCVE041」28,000円+税がラインナップ。

すべて自動巻きCal.4R35を搭載しているため、手巻き、ハックがついた実用に優れたムーブメントを搭載しています。42ミリのケースサイズと堂々としたボディを備えたコラボモデル。意外とネット上では現在も販売されているため、まだ間に合います。お探しの方はお早目に。

バリエーション


SEIKO×nano・universe スピリット スマート SCVE039
パイロット時計の雰囲気を求めるならこちら。MA-1などに代表されるフライトジャケットにあわせたら似合いそう。
Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す


SEIKO×nano・universe スピリット スマート SCVE037
ジン(Sinn)の556あたりを彷彿とさせるインデックスにカモフラ文字盤という個性的なモデル。
Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す


SEIKO×nano・universe スピリット スマート SCVE039
私的にはこちらがオススメ。極太のアラビアインデックスとNATOストラップの組み合わせが素晴らしい。
Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す


SEIKO×nano・universe スピリット スマート SCVE041
オールブラック仕様のもっともナノユニバースの世界観をアピールしているモデル。
Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す

オーナーのクチコミ

・ブラックカラーなのでどんな服装のコーディネイトにも合わせやすい。
・文字盤がシンプルだから視認性に優れる。
・機械式時計でこの価格はコストパフォーマンスに優れる。

スペック

  • ブランド名:セイコー
  • モデル名:セイコー×ナノユニバース 2016限定コラボ
  • 型番(Ref.):SCVE041、SCVE039、SCVE037、SCVE035
  • 駆動方式:自動巻き
  • ムーブメント:4R35
  • 防水性能:日常生活用強化防水(10気圧)
  • ケース材質:ステンレススチール(ブラックIP)
  • 機能:カレンダー機能
  • 定価:28,000円+税(SCVE039、SCVE041)、33,000円+税(SCVE035、SCVE037)
  • 発売日:2016年

セイコーが好きな方はクリック!!

時計ランキング

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村

国内流通限定セイコー・ネイビーモンスターこと、プロスペックス ダイバーズスキューバ SZSC003

セイコー プロスペックス ダイバーズスキューバ SZSC003 ネイビーモンスター
ケース径42.3ミリ、ケース厚13.1ミリの堂々としたボディがセイコー・モンスターの魅力。流通限定のSZSC003はブルーグレーという落ち着いたカラーとなるため、オンタイムにも重さが耐えられるならば着用OK。約184グラムという重さは米1合分、ロレックスで比較するならばシードゥエラー4000より重い。

国内流通限定セイコー・ネイビーモンスターこと、プロスペックス ダイバーズスキューバ SZSC003

2014年11月に国内に正規導入されたプロスペックス ダイバーズスキューバ、通称「ブラックモンスター」。逆輸入版とは異なり、自動巻きムーブメントが4R36からアップグレード版の6R15を搭載して登場しました。ムーブメントの仕様上、海外版のデイデイト機構が、デイト機構のみとなり、拡大鏡、インデックスのデザインが国内専用のものとなり、定価も6万円+税とかなり強気の設定となりました。

この価格設定のためかブラックモンスターは2016年に生産終了し、同時期に流通限定としてリリースされた通称「ネイビーモンスター・SZSC003」が残りました。一時期、生産終了となりましたが、2017年9月に流通が再開しています。

ネイビーモンスターはその名前通り、ネイビーというよりはブルーグレーの文字盤で登場。文字盤カラーの違いだけとなり、ブラック文字盤に比べよりカジュアルな雰囲気となりました。海外版に比べてオンタイムにもあわせやすいカラーであるため、ファーストウォッチとしても活用できるモデルではないでしょうか。

ブレスレットをNATOストラップ、レザーストラップに交換すればさらに愉しめる時計となります。

その他の国内モンスター


セイコー プロスペックス ダイバーズスキューバ SBDC025 ブラックモンスター
残念ながらディスコンになった国内モンスターことブラックモンスター。定番のブラック文字盤仕様。自動巻きムーブメントはCal.6R15。

スペック

SEIKO
Prospex Diver Scuba (Navy Monster)/
プロスペックス ダイバースキューバ ネイビーモンスター
SZSC003
自動巻き・Cal.6R15
定価:60,000円+税

ネイビーモンスターSZSC003を購入するなら

Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す


時計ランキング

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村

ポルシェデザイン・オーシャン2000誕生35周年を記念したIWC・アクアタイマー限定


IWC アクアタイマー・オートマティック 2000 35 イヤーズ・オーシャン 2000 IW329101
豊富なバリエーションが揃う、現行IWC・アクアタイマーですが、その中でもこの35周年記念モデルは別格のカッコよさがあります。
Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す


IWC アクアタイマー・オートマティック 2000 35 イヤーズ・オーシャン 2000 IW329101
マットブラックの文字盤に「2000 METERS」の赤ロゴがクールな男の時計、アクアタイマーです。
Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す


ポルシェデザイン オーシャン 2000

6時位置に「by IWC」のロゴが入る2ndモデル。他にも、筆記体ロゴ、軍用など豊富なバリエーションが存在。根強い人気のモデルだけにヴィンテージ市場においては高値安定傾向。
Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す

ポルシェデザイン・オーシャン2000誕生35周年を記念したIWC・アクアタイマー限定

ポルシェデザイン最大のヒット作とも言ってよい、1982年に発表された「オーシャン 2000」。ポルシェデザインの創業者・フェルディナンド・アレキサンダー・ポルシェがドイツ軍と深い関係があったことから、軍用時計の要請があり制作したのが「オーシャン2000」でした。

あれから35年の節目となる2017年に、「オーシャン2000」の開発に深く携わっていたIWCが「アクアタイマー・オートマティック 2000 35 イヤーズ・オーシャン 2000」が登場しました。

レギュラーモデルと異なる部分は溝が入ったベゼル、オーシャン2000風のデザインが施されたラバーストラップ、先端が赤いセンターセコンド針、赤い防水ロゴ表記となります。

42ミリの大型ケースサイズとなりますが、厚みは14.5ミリとディープシーに比べて4ミリ、シードゥエラー4000に比べ約0.5ミリ薄いにも関わらず2000メートル防水を誇るプロスペックモデルです。

実物を見ると精悍なマットブラックの文字盤に「2000 METERS」の赤ロゴが意外と目立ちます。これだけでも買うに値します。さらに、わずか350本限定生産ということですから、15年後の50周年記念の時にはプレミアモデルとなっているかもしれませんね。

IWC
AQUATIMER AUTOMATIC 2000 EDITION 35 YEARS OCEAN 2000/
アクアタイマー・オートマティック 2000 35 イヤーズ・オーシャン 2000
IW329101
定価:835,000円+税

IWCが好きな方はクリック

時計ランキング

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へにほんブログ村