セイコー クロノグラフ SND367P1

セイコー クロノグラフ SND367P1

海外向けセイコーでは国内向けモデルとは異なるユニークな意匠のモデルがラインナップされている場合があります。今回、紹介する「セイコー クロノグラフ SND367P1」もそんな一本。ブランド時計にある程度知識がある方ならピーンとくることでしょう。

そうです、スウォッチグループのプレステージラインに属する、オメガ・スピードマスター・デイト・Ref.3513.50です。縦3つ目のインダイアル、鏡面仕上げのタキメーターベゼル、3時位置の日付表示とブランド名などの表記と、その構成はよく似ています。電車のつり革でチラッと見ただけではその違いはわからないことでしょう。

その中身は自動巻きクロノグラフとクォーツクロノグラフと大きく違いますが、「セイコー クロノグラフ SND367P1」の質感もこの価格帯としてはかなり頑張っているといえるでしょう。何より、価格はRef.3513.50が中古価格で10万円台半ばあたりで、「セイコー クロノグラフ SND367P1」は最安価格で1万円を切るわけですから。

ブレスレットがチープなのは否めませんが、レザーストラップ、NATOストラップに交換するなど、愉しみ方法はいくらでもあります。ファーストウォッチ、セカンドウォッチとしても愉しめるクロノグラフモデルですよ。

こちらがセイコー クロノグラフ SND367P1です。

そしてオメガ・スピードマスター・デイト・Ref.3513.50。よく似ています。

Yahoo!ショッピングでSND367P1を探すならコチラ
楽天市場でSND367P1を探すならコチラ


時計ランキング

好事家向けブランド、ミドーのモダン・クロノグラフ。

好事家向けブランド、ミドーのモダン・クロノグラフ。

スイス時計業界最大のグループ、スウォッチグループ。
前回ご紹介した「ハミルトン」が属しているのはミドルレンジとなり、
同レンジには「ティソ」、「カルバンクラインウォッチ」、
そして今回の主役となる「ミドー」が属しています。

このミドルレンジは10万円台~30万円台で購入可能となるため、
庶民が無理なく購入できる高級時計と言えるのではないでしょうか。

ミドーの歴史を軽く振り返りましょう。
1918年にブランドが創業しているので、2018年で100周年となります。
スイス時計ブランドで100年は新しいブランドとなりますが、
機械式時計の製造においては自動巻き時計のパイオニアと
言えるほど技術力が高いブランドでした。

ヴィンテージ市場では現在もラインナップしている、
「マルチフォート」が人気ですが、
現存数が少なくレアな逸品となっています。

今回、紹介するのはそんなミドーの現代版となる「マルチフォート クロノグラフ M025.627.36.061.10」です

2カウンタークロノグラフ+6時位置の日付表示というレイアウトはグループ会社ETAの
Cal.7753をモディファイした「Cal.A05.H31」となります。
これはハイレンジに属するラドーの「D-Star200クロノグラフ」と同一となり、
ハミルトンよりも上級という位置づけに見て取れます。

PVD加工されたステンレススチールケースは44ミリの堂々としたボディで、
厚みも14.7ミリとデイトナ・Ref.116520より分厚いケースサイズとなります。

縦ストライプの文字盤とヴィンテージテイストのブラウンカラーのスーパールミノヴァ、
そしてブラウンのヌバックストラップも「マルチフォート クロノグラフ M025.627.36.061.10」をモダンに魅せてくれます。

好事家向けなため他人と被ることが少ないミドー・マルチフォート クロノグラフ。
いかがでしょうか?

ミドー Mido
Multifort Chronograph/マルチフォート クロノグラフ
M025.627.36.061.10
定価:231,000円

Yahoo!ショッピングでミドー マルチフォートを探すならコチラ
楽天市場でミドー マルチフォートを探すならコチラ


時計ランキング