ブライトリング・オールドナビタイマー

1986年~2003年にわたり生産されたブライトリングのアイコン

ブライトリング・オールドナビタイマー・A13322

ブライトリング・オールドナビタイマー・A13322
アラビアインデックス仕様のオールドナビタイマー。約41mmのケースサイズに回転計算尺が付いたフェイスは、1986年から2003年の永きにわたり愛用されてきました。自動巻きムーブメントはヴァルジュー7750をブライトリングがチューニングしたCal.13を搭載しています。

Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す

ブライトリング・オールドナビタイマー・A13322

ブライトリング・オールドナビタイマー・A13322
バーインデックスのブラック×シルバー文字盤という、もっとも定番の組み合わせとなるオールドナビタイマー。「縦三つ目」の顔は2003年に生産終了してからも、根強いファンに支えられ、ジャパン限定モデルとして特別モデルが登場したほど。7連ブレスレットは駒のパーツが細かいため、手首へのフィット感にも優れます。

Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す

ブライトリング・ナビタイマー02日本限定・A47330

ブライトリング・ナビタイマー02日本限定・A47330
モデル名にある通り2002年に日本300本限定で販売されたリミテッドエディション。ナビタイマーのネーミングとなりますが、モンブリランのテイストが強いクラシカルモデル。2つ目のインダイアルはチャコールグレーとなり、洒落た印象。38ミリのケースはユニセックスで使用可能なほどコンパクトにまとめられています。
Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す

安定したリセールバリューも魅力

ブライトリングの時計と言えば真っ先に思い浮かぶのが「ナビタイマー」であることは間違いないでしょう。1942年にブライトリング・クロノマットに搭載された「回転計算尺」を引継ぎ、1952年に「ナビタイマー」の歴史はスタートします。国際パイロット協会など航空業界との密接な関係を築きパイロットウォッチとしての地位を確立。現在もブライトリングのアイコンとして君臨するブライトリングの基幹モデルとなります。

今回は1986年から2003年の永きにわたり生産された「オールドナビタイマー」を紹介致します。「縦三つ目」のインダイアルに、外周部には回転計算尺を配したスタイルはブライトリングの「顔」と言っても良いでしょう。クロノメーター規格のムーブメント、文字盤のバリエーションなどのブラッシュアップを経て、「オールドナビタイマー」の人気は不動のものとなりました。しかしながら、2003年からはCal.7753をチューニングしたCal.23を搭載した「ナビタイマー」にモデルチェンジ。「縦三つ目」のインダイアルは「横三つ目」となり、大きく様変わりをしました。

その後、2009年からは自社製ムーブメント「Cal.01」を搭載し、デザイン面では「横三つ目」がスタンダードとなりました。生産終了後も熱狂的なブライトリング・ファンからの要望に応え、「縦三つ目」の「オールドナビタイマー」が日本限定として復活したことは記憶に新しいことでしょう。

中古市場においても30万円台~と高値安定傾向なので、リセールバリューも期待できることでしょう。気になるオーバーホールに関しては、メーカー標準価格は10万円近いとのこと。WEB上で「オールドナビタイマー オーバーホール」で検索すれば、ブライトリング修理経験豊富な修理専門店の価格では4万円を切る価格でオーバーホールは可能なようです。よって、予めオーバーホール済の「オールドナビタイマー」を購入するのが良いかもしれませんね。また「オールドナビタイマー」の7連ナビタイマー・ブレスレットですが、駒調整は大変なので購入したお店に調整をしてもらうのが無難です。

ブライトリングが好きな方はクリック!!

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ




ブライトリングを手に入れるなら、あえてクロノマット2000

2000年(ミレニアム)に登場したクロノマット

ブライトリング・クロノマット2000・A13352

ブライトリング・クロノマット2000・A13352
美しいブルー文字盤×シルバーのインダイアル、さらにクロノメーター仕様のブライトリング13・キャリバーを搭載した39ミリサイズのクロノマット最終型。このクロノマット2000以降は大型化されていくため、日本人の手首サイズにしっくりくるクロノマット2000は生産終了後も根強い人気を得ています。定価430,000円+税
Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す

ブライトリング・クロノマット・ロンジチュード・A20048

ブライトリング・クロノマット・ロンジチュード・A20048
こちらは1994年以降に発売されたGMTモデル、ロンジチュード。ライダータブ付きの回転ベゼルを合わせて使えば第3時間帯の表示が可能なモデル。この時代のクロノマットは文字盤センターにギョーシェ彫りが入るのが特徴。定価-
Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す

ブライトリング・クロノマットGT・ビコロ・B13050

ブライトリング・クロノマットGT・ビコロ・B13050
クロノマット2000登場前にラインナップされていたのがバーインデックスタイプの「GT」とアラビアインデックスの「ヴィテス」でした。こちらはバーインデックスなため「クロノマットGT」となります。ステンレス×イエローゴールドの組み合わせは「ビコロ(Bicolor)」と呼称されていました。定価-
Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す

ブライトリング・ベークライト製ボックス

ブライトリング純正ボックス・ベークライト製
「プラスチックの父」とも呼称されるレオ・ヘンドリック・ベークランドが開発した、ベークライト素材を使用したボックス(黒箱)。経年変化により取付け部が脱落したり、内部のスポンジに傷みがみられる場合が多い。外箱を含め、ブライトリングの象徴でもあるイエローカラーを基調としたカラーリングでまとめられている。

Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す

約20年前に登場したにも関わらず根強い人気のクロノマット2000

2018年のバーゼルワールドでブライトリング・ファンに衝撃を与えた「ナビタイマー8」を陣頭指揮したのは、2017年に新CEOに就任した元IWCのCEOであったジョージ・カーンでした。今後のブライトリングの行く末が気になるところですが、約38年前に針を戻すと現在と似たような出来事がありました。

ブライトリング家が創業以来舵を握ってきましたが、1979年にパイロットであり、エンジニアでもあったアーネスト・シュナイダーが4代目の経営者としてブライトリングの実権を握ったからです。元パイロットということもあり、イタリア空軍・フレッチェ・トリコローリとの共同開発により、ブライトリングの名作「クロノマット」が登場という歴史がありました。1983年の登場以来、「クロノマット」は熟成に熟成を重ね、2000年にひとつの完成系に辿りつきます。それが「クロノマット2000」です。

「クロノマット2000」の特徴としてもっとも特筆すべき部分は全モデルが「クロノメーター規格」をパスしたことでしょうか。1997年あたりから文字盤の試行錯誤が続き、「クロノマット2000」で完成に域に達したため、残る改善はムーブメントの精度を高めるというところだったのでしょうね。

その後、2004年に「クロノマット」誕生20周年を記念して44ミリケースサイズの「クロノマット・エボリューション」、そして自社ムーブを搭載した「クロノマット01」と受け継がれていきました。

一時期、多くのブランドが追従した「デカ厚」ブームですが、現在の主流は「ダウンサイジング」。個人の好みにもよりますが、日本人の手首サイズには40ミリ以下がベストかと。そう考えると39ミリケースの「クロノマット2000」は39ミリサイズの最終形態となる完成系なので、ベストチョイスとなるのですね。

搭載している自動巻きムーブメント・Cal.13はリファインはされているものの、現行「ナビタイマー8」の一部にも引き続き搭載されているもの。元々はCal.7750がベースとなる頑丈なムーブメントなだけに、パーツが無くなるなどの心配はいらないでしょう。ライダータブが付いたベゼル部分に傷が多数入っているモデルは手荒に使われたケースが高いため、長く愛用するならば多少価格が高くともコンディションに優れているモデルを買うのがベストです。

ブライトリングが好きな方はクリック!!

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ




2016年登場・カーボン文字盤のオリス・ウィリアムズ・クロノグラフ

15年以上にわたるウィリアムズとのパートナーシップ

オリス・ウィリアムズ・クロノグラフ・カーボンファイバー・エクストリーム・67477258764R

オリス・ウィリアムズ・クロノグラフ・カーボンファイバー・エクストリーム・67477258764R
堅牢性、耐水性、軽量化を実現したオリス特許のカーボンファイバーケースを採用したエクストリームモデル。高価なカーボン素材を採用しつつも、ETA7750搭載によりリーズナブルな価格で提供。ケース径44.0ミリ。2016年初出。10気圧防水。
Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す

オリス・ウィリアムズ・クロノグラフ・・77477174164R

オリス・ウィリアムズ・クロノグラフ・・77477174164R
上記モデルをさらに低価格で提供するのがこちらのベーシック・クロノグラフモデル。カーボンファイバー文字盤を採用しつつ、セリタムーブメントで更にリーズナブルに。ケース径44.0ミリ。2016年初出。10気圧防水。
Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す

オリス・ウィリアムズ・クロノグラフ・・77477174164M

オリス・ウィリアムズ・クロノグラフ・・77477174164M
上記モデルのブレスレット仕様。メタルな質感にウィリアムズカラーのブルーがよく映えます。ケース径44.0ミリ。2016年初出。10気圧防水。
Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す

F1で使用されている素材を腕時計にコンバート

BMWウィリアムズF1時代となる2003年頃からパートナーシップを続けているオリス。それまでは「TT1」コレクションなどにコラボモデルとしてラインナップされていましたが、2015年にはその名も「ウィリアムズ」コレクションを柱として展開。オリスとウィリアムズの蜜月な関係がうかがえるパートナーシップとなりますが、今回は両社の技術が結晶して誕生したモデルを紹介致します。

まずは上級モデルとなる「オリス・ウィリアムズ・クロノグラフ・カーボンファイバー・エクストリーム」。エクストリームという名前はゼニス、ジャガー・ルクルトの一部モデルにもラインナップされていたことでお馴染みですが、オリスのエクストリームはなんとカーボンファイバー製ケースを搭載したモデル。堅牢性、耐水性、軽量化を実現したオリス特許となるカーボンファイバーを惜しげもなく使用し、ケース単体の重量は約7.2グラムとのこと。ムーブメントはお馴染みとなるETA7750ベースのCal.674を搭載しています。この組み合わせで定価520,000円+税はだいぶリーズナブルと言えるでしょう。

カーボンファイバーを文字盤にのみに使用した普及版となる「オリス・ウィリアムズ・クロノグラフ」は、ムーブメントをセリタ製SW500ベースのCal.774を搭載。F1マシンのギアを彷彿とさせたリューズ、ウィリアムズカラーとなるブルー針など、F1ムード満載のスタイルが魅力的な一本。ラバーストラップ、ブレスレットの2種がラインナップされています。

カーボンファイバーを採用しているにも関わらず低価格なモデル、さらに他人と被ることが少ないモデルなので、個性を主張したい方にオススメしたいですね。

スペック

  • ブランド名:オリス
  • モデル名:ウィリアムズ クロノグラフ カーボン
  • 型番(Ref.):67477258764R(ラバー)、77477174164R(ラバー)、77477174164M(ブレス)
  • 駆動方式:自動巻き
  • ムーブメント:Cal.674・ETA7750(67477258764R)、Cal.774・SW500(77477174164)
  • 防水性能:10気圧防水
  • ケース材質:ステンレススチール
  • ケース幅:44.0ミリ
  • 機能:日付カレンダー機構、クロノグラフ
  • 定価:520,000円+税(67477258764R)、370,000円+税(77477174164R)、390,000円+税(77477174164M)
  • 発売日:2016年
  • 販売数量:-

オリスが好きな方はクリック!!

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ




2015年登場・タグ・ホイヤー・アクアレーサー・キャリバー5

セラミックベゼル装備の上級ダイバーズ

タグ・ホイヤー・アクアレーサー・キャリバー5・WAY211A.BA0928

タグ・ホイヤー・アクアレーサー・キャリバー5・WAY211A.BA0928
アクアレーサーシリーズの上級モデルとなるセラミックベゼル、300メートル防水を備えたトップモデル。ホリゾンタルライン(横ストライプ)が入った文字盤により、奥行きのあるデザインが魅力。「キャリバー5」、センターセコンドの先端にイエローが配色されているのもダイバーズとしては珍しい配色。ケース径41ミリ。2015年初出。300m防水。
Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す

タグ・ホイヤー・アクアレーサー・キャリバー5・WAY211C.BA0928

タグ・ホイヤー・アクアレーサー・キャリバー5・WAY211C.BA0928
上記、ブルー文字盤のバリエーションモデル。ダイバーズモデルといえば、ブルー文字盤という需要は確実にあるでしょう。ブラックではイエローの差し色が入りましたが、ブルー仕様ではオレンジの差し色がPOPな印象。タグ・ホイヤー・モナコでお馴染みのGALFカラーに見えなくもない? ケース径41ミリ。2015年初出。300m防水。
Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す

41ミリケースは実用性に優れたサイズ感

2004年にそれまで販売されていた「2000シリーズ(2000クラシック、2000エクスクルーシブ)」を正常進化させて登場したのが「アクアレーサー」でした。モータースポーツのイメージが強いタグ・ホイヤーゆえに、アクアレーサーという名前はスポーティなタグ・ホイヤーにもよく似合う絶妙なネーミングと言えるでしょう。
30万円台(並行輸入品なら20万円を切る)の価格帯で、タグ・ホイヤーというネームバリューということもあり、定番人気を得ているアクアレーサー。今回は、2015年バーゼルワールドで登場したセラミックベゼル仕様のアクアレーサーを紹介致します。
2018年現在、発売されているアクアレーサーは上級版のセラミックベゼル仕様とステンレスベゼル仕様が併売されています。セラミックベゼルモデルはもっとも傷がつきやすい部分のひとつであるベゼル部分が硬質なセラミックになることで、傷がつきにくいところが魅力となります。もちろん、艶のある質感による高級感もその魅力を増してくれるポイントとなります。

搭載するムーブメントはETA2824-2クローンのセリタSW200となるCal.5を搭載。42時間パワーリザーブの汎用ムーブメントなので、耐久性、アフター面においても信頼性の高いムーブメントといえるでしょう。

実用面は41ミリのケースサイズとなるため、日本人の手首にはほどよく大きいサイズ。ブレスレットの作り(主にクラスプ部分)も以前のタグ・ホイヤーに比べたら格段に質感も上がり、所有欲を満たすものと言えるでしょう。クロノグラフは見た目がカッコいいですが、分厚く重いため、ベストバイはセンターセコンドモデルとなります。20万円を切る価格帯でオススメのダイバーズ時計といえるでしょう。

スペック

  • ブランド名:タグ・ホイヤー
  • モデル名:アクアレーサー・キャリバー5
  • 型番(Ref.):WAY211A.BA0928(ブラック)、WAY211C.BA0928(ブルー)
  • 駆動方式:自動巻き
  • ムーブメント:キャリバー5
  • 防水性能:300m防水
  • ケース材質:ステンレススチール×セラミックベゼル
  • ケース幅:41ミリ
  • 機能:日付カレンダー機構、回転ベゼル機構
  • 定価:297,000円+税
  • 発売日:2015年
  • 販売数量:-

タグ・ホイヤーが好きな方はクリック!!

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ




正統派クロノグラフ・ジラール・ペルゴ・コンペチオーネ・ストラダーレ

並行輸入品であれば60万円台から入手が可能

ジラール・ペルゴ・コンペチオーネ・ストラダーレ・49590-11-611-BB6A

ジラール・ペルゴ・コンペチオーネ・ストラダーレ・49590-11-611-BB6A
2016年バーゼルワールドで登場した正統派ラウンド・クロノグラフモデル。ジラール・ペルゴ曰く、「スポーツ&クラシック」がテーマとなっているモデルとのこと。横3つ目のインダイアル内は同心円処理が施されているなど細かいディテールにも手が入れられている。ブラック文字盤のみスモールセコンド針が赤色となるのが特徴。ケース径42ミリ。2016年初出。3気圧防水。定価1,060,000円+税
Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す

ジラール・ペルゴ・コンペチオーネ・ストラダーレ・49590-11-111-BBBA

ジラール・ペルゴ・コンペチオーネ・ストラダーレ・49590-11-111-BBBA
上記、シルバー文字盤モデル。ブラック文字盤とは異なり、クロノグラフ針のみが赤色となる。ケースラグ部分が長いため、スペック以上(42ミリ)の存在感となりますが、16センチほどの手首にも違和感なく着用が可能なようです。ケース径42ミリ。2016年初出。3気圧防水。定価1,060,000円+税
Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す

久しぶりとなる正統派ラウンドクロノグラフモデル

2016年バーゼルワールドで発表されたジラール・ペルゴ久しぶりとなる正統派クロノグラフモデル。「コンペチオーネ」、「ストラダーレ」というイタリア車にありがちなネーミングが施された、「スポーツ&クラシック」モデル。

ダイバーズモデルの「クロノホーク」に代表される尖がったデザインが近年のジラール・ペルゴであった印象ですが、コンペチオーネ・ストラダーレの登場によってやっと正統派に回帰してくれたと思ったジラール・ペルゴ好事家も多いことでしょう。

そんな「コンペチオーネ・ストラダーレ」ですが、バリエーションは4型でシルバー文字盤、ブラック文字盤にそれぞれレザー仕様、ブレス仕様が用意。ブレス仕様も悪くはないですが、クラシックな雰囲気を求めるならばレザー仕様がこのモデルには似合うことでしょう。

搭載する自動巻きクロノグラフムーブメントは46時間のパワーリザーブを備えた、自社製Cal.GP03300-0122。コート・ド・ジュネーブとペルラージュ装飾が施されたムーブメントはシースルーバックからの確認が可能となります。

定価はレザー仕様で1,060,000円+税。並行輸入品であれば60万円台から入手が可能となります。名門ジラール・ペルゴのクロノグラフモデル、興味のある方はぜひ。

スペック

  • ブランド名:ジラール・ペルゴ
  • モデル名:コンペチオーネ・ストラダーレ
  • 型番(Ref.):49590-11-611-BB6A(ブラック)、49590-11-111-BBBA(シルバー)
  • 駆動方式:自動巻き
  • ムーブメント:GP03300-0122
  • 防水性能:3気圧防水
  • ケース材質:ステンレススチール
  • ケース幅:42ミリ
  • 機能:日付カレンダー機構、クロノグラフ機構
  • 定価:1,060,000円+税
  • 発売日:2016年
  • 販売数量:-

ジラール・ペルゴが好きな方はクリック!!

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ




ハミルトン・ジャズマスター・マエストロ・オートクロノ

爽やかなブルー文字盤が登場

ハミルトン・ジャズマスター・マエストロ・オートクロノ・H32576641

ハミルトン・ジャズマスター・マエストロ・オートクロノ・H32576641
ジャズマスターシリーズの上位モデル、「マエストロ・オートクロノ」。男性のコーディネイトで定番色として人気を博しているブルーカラーをサンレイ仕上げの文字盤として搭載。シルバーの縦目インダイアル、シルバープレートのアラビアインデックスがIWC・ポルトギーゼのテイストを感じさせますが、大型のリューズ・面取りされたクロノグラフボタン、曜日表示などハミルトンらしさも強調されています。ケース径41ミリ。2017年初出。10気圧防水。定価186,000円+税(H32766143)
Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す

ハミルトン・ジャズマスター・マエストロ・オートクロノ・H32766143

ハミルトン・ジャズマスター・マエストロ・オートクロノ・H32766143
上記でIWC・ポルトギーゼのテイストを記載しましたが、ブレスレットモデルはハミルトンオリジナル。「H」をモチーフとしたブレスレットはサテンとポリッシュを組み合わせた仕様。多汗の方はもれなくブレスレット仕様をオススメ。ケース径41ミリ。2017年初出。10気圧防水。定価179,000円+税(H32766143)
Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す

ハミルトン用ETAエクスクルーシブ「H-21」を搭載

ハミルトンのサイトを見ていて、気になったモデルがこちらの「ジャズマスター・マエストロ・オートクロノ」でした。上記にも記載しましたが、どことなくIWC・ポルトギーゼクロノをオマージュ(?)しているようなクロノグラフ。もちろん、曜日表示、大型リューズ、ケースに沿ったクロノグラフボタン、ドルフィン針など細部を見れば全然別物なんですがね。特に「H」モチーフで構成されたブレスレットはハミルトン・オリジナルですから。

搭載する自動巻きクロノグラフムーブメントはグループ会社のETAがハミルトン専用に開発した「H-21」となります。ブリッジに「H」マークが入っているところに注目ですね。ベースはお馴染みともいえるCal.ETA7750ですが、60時間のロングタイム仕様となるパワーリザーブを備えている新世代ムーブメントとなります。

ハミルトンらしさを強調したいならばブレスレット仕様の「H32766143」となるでしょうが、私的にはネイビーカラーのレザーストラップ仕様となる「H32576641」がオススメ。全体的なデザイン的にレザーストラップの方がこの顔にはあっているような気がします。

IWC・ポルトギーゼクロノが定価755,000円+税となることを考えると、「ジャズマスター・マエストロ・オートクロノ」が如何にお得なのかがわかるのではないでしょうか。

スペック

  • ブランド名:ハミルトン
  • モデル名:ジャズマスター・マエストロ・オートクロノ
  • 型番(Ref.):H32766143(ブレスレット)、H32576641(レザー)
  • 駆動方式:自動巻き
  • ムーブメント:H-21
  • 防水性能:10気圧防水
  • ケース材質:ステンレススチール
  • ケース幅:41ミリ
  • 機能:曜日・日付カレンダー機構、クロノグラフ
  • 定価186,000円+税(H32766143)、179,000円+税(H32576641)
  • 発売日:2017年
  • 販売数量:-

ハミルトンが好きな方はクリック!!

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ




ハミルトン・ブロードウェイ・オートクロノ

ニューヨークの摩天楼をイメージした都会派モデル

ハミルトン・ブロードウェイ・オートクロノ・H43516131

ハミルトン・ブロードウェイ・オートクロノ・H43516131
3カウンター式のクロノグラフにデイデイトという、タグ・ホイヤー・カレラ・キャリバー16を彷彿とさせるクロノグラフモデル。縦ストライプの文字盤、面取りされた長方形のクロノグラフボタンなど、ハミルトンらしいディティールは加えられています。タグ・ホイヤー・カレラ・キャリバー16の価格(定価440,000円+税)を考慮すればその半額で手に入れられるのはだいぶお得ではないでしょうか。レザーストラップ仕様は「H43516731」となります。ケース径43ミリ。2016年初出。10気圧防水。定価230,000円+税

ブレスレット仕様「H43516131」
Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す

レザーストラップ仕様「H43516731」
Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す

ハミルトン・ブロードウェイ・オートクロノ・H43516171

ハミルトン・ブロードウェイ・オートクロノ・H43516171
翌年に新たに追加されたブロードウェイは斬新なバーガンディ文字盤。差し色にネイビーという派手なスタイルで登場しました。タグ・ホイヤー色が抜けた、オリジナリティあふれるデザインと言えるでしょう。手元を華やかに演出したい方にお勧めですね。レザーストラップ仕様は「H43516871」。ケース径43ミリ。2017年初出。10気圧防水。定価230,000円+税

ブレスレット仕様「H43516171」
Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す

レザーストラップ仕様「H43516871」
Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す

ムーブメントはETA7750ベースの「H-21」搭載

ハミルトンのデザイナーが「価格以上のクオリティ」を求めて制作したという、ブロードウェイ・オートクロノ。縦3つ目+デイデイト表示の文字盤は12時位置と6時位置の積算計、時間計をインナーリングであしらったためか、遠目だとタグ・ホイヤー・カレラ・キャリバー16を彷彿とさせます。もちろん、縦ストライプの文字盤、面取りされた長方形のクロノグラフボタンなどハミルトンのアイデンティティは残されていますが。

バリエーションは先行発売されたアンスラサイト文字盤のブレスレット、レザーストラップ、そして翌年2017年に追加されたバーガンディ文字盤のブレスレット、レザーストラップの全4型となります。オリジナリティはバーガンディ文字盤のモデルとなるでしょう。

搭載する自動巻きムーブメント「H-21」はスウォッチグループ内に属するETAとの共同開発ムーブメントとなり、ベースはお馴染みCal.ETA7750。ブリッジに「H」マークが入ったハミルトン専用ムーブメントとなり、パワーリザーブ時間も60時間のロングタイム仕様となります。

タキメーター、インデックスがポリッシュ仕上げとなっているため、手首をさりげなく華やかに演出してくれることでしょう。ケース幅は43ミリと大型となり、クロノグラフ搭載機ということを考えると手首への負担が少ないレザーストラップモデルがベストバイではないでしょうか。いずれにしても、この仕上げでこの定価を実現できていることは、スウォッチグループ内に属していることが大きいでしょうね。

スペック

  • ブランド名:ハミルトン
  • モデル名:ブロードウェイ・オートクロノ
  • 型番(Ref.):H43516131(アンスラサイト)、H43516171(バーガンディ)
  • 駆動方式:自動巻き
  • ムーブメント:H-21
  • 防水性能:10気圧防水
  • ケース材質:ステンレススチール
  • ケース幅:43ミリ
  • 機能:クロノグラフ、曜日・日付カレンダー機構
  • 定価230,000円+税
  • 発売日:2016年(H43516131、H43516731)、2017年(H43516171、H43516871)
  • 販売数量:-

ハミルトンが好きな方はクリック!!

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ




ロンジン・ヘリテージ・コレクション・PART2

ロンジンの栄光の歴史を知ることができる

ロンジン・ヘリテージ コラムホイール クロノグラフ・L2.742.4.76.2

ロンジン・ヘリテージ コラムホイール クロノグラフ・L2.742.4.76.2
ETAヴァルジュー7750をベースとし、ロンジンチューニングが施されたCal.688を搭載した、ヘリテージモデル。大型のインダイアル、くさび型インデックス、ドルフィン針など、ロンジンらしい上品な雰囲気でまとめられたデザインが秀逸。ケース径39ミリ。2010年初出。30メートル防水。定価350,000円+税
Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す

ロンジン・ヘリテージ アビゲーション オーバーサイズ GMT・L2.778.4.53.2

ロンジン・ヘリテージ アビゲーション オーバーサイズ GMT・L2.778.4.53.2
1940年代のパイロットウォッチをオマージュしたモデル。コインエッジベゼル、オニオンリューズの意匠はその最たる部分。文字盤外周にはレイルウェイミニッツトラックと24時間表示が入りる。ワイヤーループ風のケースラグの形状にも注目したい。ムーブメントはTA A07.171をベースとしたCal.L704.2搭載。ケース径41ミリ。30メートル防水。定価347,000円+税
Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す

ロンジン・ヘリテージ アビゲーション オーバーサイズ クロノグラフ・L2.783.4.53.2

ロンジン・ヘリテージ アビゲーション オーバーサイズ クロノグラフ・L2.783.4.53.2
1940年代パイロットウォッチテイストが感じられるクロノグラフモデル。突き出たオニオンリューズはワンプッシュクロノグラフの役割も備えられている。10時位置にあるボタンで日付表示作動させる。ムーブメントはETA A08.L11をベースとした、Cal.L788。ケース径41ミリ。30メートル防水。定価399,000円+税
Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す

ロンジン・ヘリテージ コラムホイールレコード・L4.754.4.72.4

ロンジン・ヘリテージ コラムホイールレコード・L4.754.4.72.4
1/8秒計を搭載した1966年に生産されたモデルを復刻。センターセコンド先端の赤い副尺と30分計の赤いカラーリングがレトロな雰囲気を盛り上げる。ムーブメントはコラムホイール仕様のCal.L688。ケースバックからはブルーカラーのコラムホイールが視認可能。ケース径41ミリ。30メートル防水。定価405,000円+税
Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す

温故知新=ロンジン・ヘリテージ

前回に引き続き、1832年創業の輝かしいアーカイヴにスポットライトを当てた大ヒットコレクション「ヘリテージ」を紹介いたします。

まずはクロノグラフと言えば高級機に搭載されるケースが多い、コラムホイール式のクロノグラフムーブメントを搭載した「ロンジン・ヘリテージ コラムホイール クロノグラフ・L2.742.4.76.2」からとなります。2009年にグループ会社となるETAと共同開発した「Cal.688」を搭載。ETAベースなので、新規で開発するよりコストが抑えられ、信頼性が高いムーブメント。クロノグラフを制御するコラムホイールが目立つようにブルースチールとなっている点にも注目。

続いては「ロンジン・ヘリテージ アビゲーション オーバーサイズ GMT」と「ロンジン・ヘリテージ アビゲーション オーバーサイズ クロノグラフ」。ともに41ミリのケースサイズとなりますが、突き出たオニオンリューズにより数値以上の大きさに見えてしまうモデル。1940年代のパイロットウォッチをモチーフとしているだけに、コインエッジベゼルなど当時ならではの仕様が施されています。革のNATOストラップも似合いそう。GMTかクロノグラフは使用頻度で選びましょう。

最後は「ロンジン・ヘリテージ コラムホイールレコード」。外周とセンターがツートンカラーとなり、個性的な赤い副尺と30分計の赤いインダイアルリングがレトロな雰囲気を醸すモデル。スクエアのインデックスも珍しい部分。

今回もロンジンの魅力的なヘリテージモデルを紹介しました。引き続き、次回も紹介していきます。

ロンジンが好きな方はクリック!!

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ




モーリスラクロア・アイコン

モーリスラクロアのドル箱モデル「カリプソ」が復刻

モーリスラクロア・アイコン クロノグラフ・AI1018-SS002-430-1

モーリスラクロア・アイコン クロノグラフ・AI1018-SS002-430-1
地中海を彷彿とさせるサンレイ仕上げの美しいブルー文字盤にシルバーの縁取りが入るインダイアル、そしてシリーズの象徴ともいえる「6つの爪」ベゼルが特徴的なアイコン。ポリッシュとヘアラインの仕上げを巧みに配合させたフェイスは手元を華やかな印象に演出してくれることでしょう。クオーツ。2016年初出。定価125,000円+税
Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す

モーリスラクロア・アイコン クロノグラフ・AI1018-SS001-130-1

モーリスラクロア・アイコン クロノグラフ・AI1018-SS001-130-1
カーフストラップは表面をアリゲーターパターン仕上げとし、上質な雰囲気を演出したクオーツ・クロノグラフモデル。ブレスレット仕様に比較して、より上質な雰囲気。特殊なケースラグのため、市販のストラップ交換が難しいのが難点か。クオーツ。2016年初出。定価120,000円+税
Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す

モーリスラクロア・アイコン・AI1008-SS002-332-1

モーリスラクロア・アイコン メンズ・AI1008-SS002-332-1
オーソドックスなセンターセコンド仕様。10万円を切る低価格を実現した戦略モデル。横ストライプの文字盤はミドルレンジモデルにこぞって採用される「旬」のデザイン。ケースサイズはクロノグラフの44ミリに対し、42ミリに抑えられています。クオーツ。2016年初出。定価98,000円+税
Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す

あえてクオーツとすることで実現した戦略的価格

今回、紹介するモーリスラクロア・アイコンは、1990年~2003年の間に生産されていた「カリプソ」を復刻したモデル。モーリスラクロアのベストセラーモデルであったようで、ヨーロッパ圏内では大ヒットを記録したそう。復刻にあたり新たな出発ということで「アイコン」と新ネーミングで登場しました。

旧モデルとなる「カリプソ」を見ると確かに「6つの爪」をモチーフとしたデザインは通ずるものが感じられますが、私見、オメガ・コンステレーションのダブルイーグルを思い出してしまいます(笑)。

心臓部はあえてクォーツ・ムーブメントを搭載し、外装のクオリティに重きをおきつつ低価格を実現。ポリッシュ仕上げとサテン仕上げを織り交ぜたステンレススチールケースは確かに面取りもしっかりと行われ、光の歪みも少ないもの。クロノグラフモデルはサンレイ仕上げを施した文字盤で、デイトモデルは横ストライプの装飾が入った文字盤と、現代のスタンダードモデルとしては上質なフェイスが演出されていると言えます。

クロノグラフモデルはケース径44ミリ、デイトモデルは42ミリと多少大きいサイズとなりますがクオーツムーブメントの恩恵により、薄型に仕上げられているため、スーツの袖口にも違和感なく着用が可能となるでしょう。

ライバルとなるモデルがオメガ・コンステレーションだとしたら、だいぶ割安で購入できるのがモーリスラクロア・アイコンの魅力。「カリプソ」に負けないほど大ヒットするモデル間違いなしでしょう。

スペック

  • ブランド名:モーリスラクロア
  • モデル名:アイコン クロノグラフ
  • 型番(Ref.):AI1018-SS002-430-1
  • 駆動方式:クォーツ
  • ムーブメント:-
  • 防水性能:10気圧防水
  • ケース材質:ステンレススチール
  • ケース幅:44ミリ
  • 機能:日付カレンダー機能、クロノグラフ
  • 定価125,000円+税
  • 発売日:2016年
  • 販売数量:-

モーリスラクロアが好きな方はクリック!!

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ




ロンジン・ヘリテージ・コレクション・PART1

1832年創業の老舗ブランドのアーカイブが蘇る

ロンジン・ヘリテージ・レジェンドダイバー・L3.674.4.50.0

ロンジン・ヘリテージ・レジェンドダイバー・L3.674.4.50.0
1960年代に軍用ダイバーズとしての実績を誇った「レジェンド・ダイバー」がヘリテージ・コレクションで復刻。レトロなデザインは当時モデルを踏襲しつつも、サファイア風防、スーパールミノヴァのインデックス、30気圧防水と現代のスペックが与えられている。付属する化粧箱は立派な木目の大型サイズとなるので、保管に気を使います。Cal.L633搭載。自動巻き。2009年初出。定価254,000円+税
Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す

ロンジン・ヘリテージ・ダイバー1967・L2.808.4.52.0

ロンジン・ヘリテージ・ダイバー1967・L2.808.4.52.0
そのネーミング通り1967年に登場したダイバーズモデルの復刻。バーガンディカラーの回転ベゼル、アシンメトリーなインダイヤルなど、個性的なフェイスも魅力。日付、12時間積算計はオリジナルモデルにはない装備。Cal.L688搭載。自動巻き。2015年初出。定価380,000円+税
Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す

ロンジン・ヘリテージ・タキメータークロノグラフ・L2.781.4.13.2

ロンジン・ヘリテージ・タキメータークロノグラフ・L2.781.4.13.2
創業180周年記念モデルとして登場したタキメータークロノグラフ。ブルー×レッドのタキメーター表示に、ブルースチールのブレゲ針、そしてホワイトのポーセリン文字盤がクラシカルな逸品。搭載するムーブメントは上記と同様となるCal.L688搭載。自動巻き。2014年初出。定価357,000円+税
Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す

ロンジン・ヘリテージ・タキメータークロノグラフ・L2.781.4.13.2

ロンジン・ヘリテージ・1954・L2.747.4.92.4
1950年代に生産されていたクロノグラフモデルの復刻。搭載するムーブメントはETA7750ベースとなるCal.L674。オーソドックスな縦目のインダイアルにデイデイトを備えた定番のフォルムは実用性も高い。ケース幅は40ミリとなりますがケースラグが大きいため、細い手首の方には収まりが悪いかもしれません。インダイヤルが黒目のため、「パンダ」とも呼称される。Cal.L674搭載。自動巻き。2014年初出。定価223,000円+税
Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す

当時のデザインを現代の技術で

「デカ厚」時計ブームが一段落した時計業界において、次のムーブメントは復刻事業ともいうべき「ヘリテージ」モデルのブーム(一過性ではないですね)でした。多くの時計ブランドは歴史が長いこともあり、過去の栄光にスポットを当てるということは自社への敬意ともなるので、各社魅力的なモデルを多数リリースしています。今回は、いち早くこのブームに乗り、セールスも稼いだロンジンを特集したいと思います。

1832年創業したロンジンゆえに、そのアーカイヴは膨大な数があると言えるでしょう。特にヴィンテージ・ロンジンは時計好事家から絶大なる人気を得ており、1936年に開発した「Cal.13ZN」、1947年に生み出した「Cal.30CH」など、その技術力は時計業界においても大きな影響を与えました。

そんなロンジンの栄光の歴史を現代に蘇らせたプロジェクト・「ヘリテージ」は、すでに入手が不可能なアーカイブを現代の技術でまとめたコレクション。商品が発売されるたびに斬新な時計をロンジンは輩出させていたことを改めて感じさせてくれることでしょう。

まずは「ロンジン・ヘリテージ・レジェンドダイバー」です。1960年代のレトロダイバーが当時の面影をそのままに復刻。サファイア風防でありながらも、湾曲した形状の風防がレトロさを感じさせます。他ブランドも同様の処理をしていますね。搭載するムーブメントはETA2824-2ベースとなるCal.L633となります。現在はスウォッチグループに属するロンジンだけに、その技術力はETAとも共有しているのでしょうね。

続いては「ロンジン・ヘリテージ・ダイバー1967」。まずはこのバーガンディカラーの回転ベゼルに注目してしまいますね。さらにクロノグラフのインダイヤルがアシンメトリーとなっている点。ムーブメントの関係上、オリジナルにはない日付、12時間積算計が追加されていますが、実用性を考えればOKなのではないでしょうか。ブレスレットモデルも存在しますが、断然ブラックレザーモデルがオススメです。

今回、紹介するモデルでもっとも古典的なフェイスのモデルが「ロンジン・ヘリテージ・タキメータークロノグラフ」。ポーセリン文字盤、ブルー×レッドのタキメーター、そしてブレゲ針とクラシックの極みともいえるフェイスが特徴。Cal.L688ムーブはコラムホイール仕様のクロノグラフとなり、滑らかな操作感に定評がある高級ムーブを搭載しています。

最後は「ロンジン・ヘリテージ・1954」。当時はロンジンの名機・Cal.30CHを搭載していたクロノグラフモデルが復刻。残念ながら汎用ムーブメントのETA7750をベースとしたCal.L674で登場。ブラック文字盤もありますが、ここは通称「パンダ」と呼称されるシルバー×ブラック文字盤をオススメしたいところ。

今回は4型のロンジン・ヘリテージを紹介しましたが、まだまだラインナップは存在するのでまたご紹介していきたいと思います。

ロンジン・ヘリテージが好きな方はクリック!!

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ