セイコー プロスペックス SAMURAI(サムライ) 一覧

セイコー プロスペックス SAMURAI(サムライ)とは!?

2017年6月に復刻されたセイコー プロスペックス SAMURAI(サムライ)。それまではセイコー好事家が「サムライ」と呼称していだけで、メーカー公式の名称ではありませんでした。しかしながら、今回の復刻の際にはメーカー公式でサムライの名称を使用したというなんとも稀有なケースと言えます。好事家の声がメーカーに届いたということでしょうね。そんなサムライのオリジナルモデルは国内版は2004年2月に登場。ブラック(SBDA001)、ブルー(SBDA003)、オレンジ(SBDA005)が登場しました。国内版はチタンケースとなり海外版はステンレススチールという素材が異なる仕様でした。自動巻きムーブメントは7S25で、今回の復刻では4R35を搭載しています。2017年時点では海外専売モデルとなるサムライ。以前のようにチタンケースで国内版が復刻されたら嬉しいですね。

歴代のSAMURAI(サムライ)を紹介


SRPB99

セイコープロスペックス・サムライ・PADI・SRPB99
2017年初めに復刻されたばかりのサムライにセイコー・ダイバーズではお馴染みのPADI仕様が登場。PADIモデルではお馴染みとなる長針、センターセコンド、15分刻みのミニッツトラックが専用色となります。さらに鮮やかなペプシベゼル、ダイバーズモデルらしいウェーブ文字盤を装備。PADIロゴは6時位置に鎮座。専用の大型イエローボックスが付属されるようです。1500本限定。2017年12月発売。定価-

Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す


SRPB97

セイコープロスペックス・サムライ・「オレンジサムライ」・SRPB97
国内モデルとして販売されていたSBDA005の復刻版ともいえるオレンジ文字盤が鮮烈な印象の「オレンジサムライ」。セイコー公式Instagramで、「侍」の文字をインスパイアしての登場はセンセーショナルでした。ハロウィンにあわせ登場した「オレンジサムライ」はアマゾン.com限定での独占販売で、シリコンストラップも付属するという豪華仕様。すでにプレミアムモデルとして流通しています。仕様はレギュラーモデルと同様です。2017年11月発売。定価-

Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す


SRPC43K1

セイコープロスペックス・サムライ・「Zimbe」・SRPC43K1
タイ限定モデルとしてお馴染みの「Zimbe・ジンベイ」にサムライが登場。一見、SRPB55K1のステンレススチールVer.かと思いますが、サイクロップス(拡大鏡)が付いた風防を採用し実用性が向上されました。6時位置には「LIMITED」表記が入る、シリコンストラップが付属されるなど特別モデルらしい仕様となります。1500本限定。2017年12月発売。定価-

Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す


SRPB09

セイコープロスペックス・サムライ・「Blue Lagoon」・SRPB09
タートル、サムライの人気復刻モデルに登場したダイバーズモデルらしい美しいブルーモデルが「Blue Lagoon」です。サンレイ仕上げのブルー文字盤にスカイブルー、イエローといった差し色が程よくミックスされた爽やかな仕様。専用の化粧箱が付属します。6000本限定。2017年2月発売。定価-

Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す


SRPB51K1

セイコープロスペックス・サムライ・「ブラックサムライ」・SRPB51K1
オリジナルモデルの雰囲気を再現した復刻モデル。ワッフル地の文字盤、ベゼルデザインはサムライの雰囲気が残っています。ケースサイズも拡大され、42ミリから43.8ミリに大型化。手巻きハック付きの4R35自動巻きを搭載。2017年6月発売。定価-

Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す


SRPB49K1

セイコープロスペックス・サムライ・「ブルーサムライ」・SRPB49K1
オリジナルサムライSBDA003を彷彿とさせるブルー文字盤が爽やかなSRPB49K1。ディープブルー文字盤とも呼称されていることから、「ディープブルーサムライ」という名称になるかもしれませんね。ベゼルのカラーはブルー×グレーと落ち着いたカラー。オリジナルモデルとは異なりケース素材はステンレススチール仕様となります。2017年6月発売。定価-

Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す


SRPB53K1

セイコープロスペックス・サムライ・「ペプシサムライ」・SRPB53K1
セイコー・ダイバーズにはお馴染みともいえる、赤×青のカラーベゼル、通称「ペプシベゼル」仕様のサムライ。ブルーワッフル文字盤とシリコンストラップが爽やかな印象を演出してくれます。2017年6月発売。定価-

Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す


SRPB55K1

セイコープロスペックス・サムライ・SRPB55K1
サムライ史上初となるブラックPVDコーティングのサムライ。ゴールド×ブラックとタイガーカラーとも言える迫力のあるカラーリング。SRPB53K1と同様にシリコンストラップ仕様となります。2017年6月発売。定価-

Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す

SBDA001

セイコープロスペックス・ダイバースキューバ・サムライ・SBDA001
国内版のサムライはチタン素材を用いた軽量モデルとなり、文字盤、インデックス、針が異なります。武骨なフェイスは復刻サムライにはないオリジナル独特の凄味があります。Cal.7S25を搭載。2004年2月発売。定価40,000円+税

SBDA003

セイコープロスペックス・ダイバースキューバ・サムライ・SBDA003
SBDA001のブルー文字盤仕様がSBDA003。6時位置の4段表記、ベゼルスケールのデザインなど、復刻モデルとの相違点をチェックするのも面白いのではないでしょうか。Cal.7S25を搭載。2004年2月発売。定価40,000円+税

SBDA005

セイコープロスペックス・ダイバースキューバ・サムライ・SBDA005
後にアマゾン流通で復刻されるなどこの当時は想像もできなかったオリジナル・オレンジサムライがSBDA005。当時の価格で買っておけば。。。と思ってしまうほどプレミア化したモデル。唯一のラバーストラップ仕様。Cal.7S25を搭載。2004年2月発売。定価35,000円+税

SNM011

セイコー・ダイバー・サムライ・SNM011
国内版サムライSBDA001より武骨さを求めるならば海外版のSNM011に分があります。ステンレス素材による重量感、刀のような針等、根強い人気のモデル。プレミア価格で流通している人気モデルです。Cal.7S35を搭載。定価-

SNM009

セイコー・ダイバー・サムライ・SNM009
海外版サムライSNM011がもっとも武骨なサムライならば、もっともエレガントなサムライがホワイトサムライことSNM009。今回、唯一復刻されなかったことでもそのプレミア度はさらに上昇したと言えるでしょう。Cal.7S35を搭載。定価-

SNM021K1

セイコー・ダイバー・サムライ・SNM021K1
海外版サムライSNM011をベースとした世界限定300本となるオレンジサムライ。国内版のオレンジサムライとも異なる文字盤、針、ベゼルを採用した特別仕様。たいへんレアな逸品。Cal.7S35を搭載。定価-

SNM019K1

セイコー・ダイバー・サムライ・SNM019K1
海外版サムライSNM011をベースとした世界限定300本となるイエローサムライ。SNM021K1と同時にリリースされた特別モデルで、針、ベゼルが特別仕様。さらに専用の化粧箱が装備されていました。Cal.7S35を搭載。定価-

SNM017K1

セイコー・ダイバー・サムライ・SNM017K1
海外版サムライSNM011をベースとした世界限定500本となる限定サムライ。ステンレススチール素材で専用のツートン文字盤、コークカラーのベゼルが特徴。Cal.7S35を搭載。定価-

SNM017K2

セイコー・ダイバー・サムライ・SNM017K2
SNM017K1のラバーストラップ仕様。立体的な文字盤の作りはすべてのサムライの中でももっともコストのかかった仕様と言えるのではないでしょうか。ほとんど見かけないレアモデル。Cal.7S35を搭載。定価-

セイコーが好きな方はクリック!!
時計ランキングにほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へにほんブログ村




セイコー プレザージュに「Starlight」「Sakura Fubuki」の限定モデル登場

セイコー プレザージュ 「カクテル」数量限定モデル4機種登場。

2017年6月にプレザージュコレクションに追加された「カクテル」に早くも限定モデルが登場。本モデルの監修も前回同様、銀座 STAR BAR オーナーの岸 久(きし ひさし)氏。文字盤の仕上げは岸氏が考案した夜空を想起させる「Starlight」、舞い散る桜を表現した「Sakura Fubuki」の2タイプ。

2016年からグローバル展開を行うプレザージュは、グランドセイコー独立後の機械式コレクションの上位モデルとなりました。機械式のムーブメント、「漆」、「琺瑯」などの文字盤など、独自の個性を提供しているセイコーの基幹モデルです。

プレザージュで忘れてならないのが「トライマチック」を装備している点。セイコーが開発した3つの技術の総称で、耐震構造の「ダイヤショック」、巻上効率を図る「マジックレバー」、ぜんまいの性能向上を実現する「スプロン」が搭載されています。

「Starlight」、「Sakura Fubuki」はともに限定モデルとなり、発売日も異なります。「Starlight」は各1,300本限定で、2017年11月17日(金)の発売。対して「Sakura Fubuki」は、各1,000本限定で2018年1月12日(金)となります。発売日をズラす戦略とは何なのでしょうかね。

文字盤ばかりに注目してしまいますが、ケースバックから覗けるシースルーバックのローターはゴールド仕様、さらにリミテッドナンバーも入ります。

レギュラーモデルを購入したユーザーのレビューを読むと、実物は意外と大きさを感じさせたとのコメントがありましたが、ベゼルが細いためにより文字盤全体がより大きく感じられるのでしょう。

レギュラーモデルとは異なるエレガンスを感じさせる特別限定モデル。ヒット間違いナシといえるでしょう。

セイコー
Presage Starlight&Sakura Fubuki/プレザージュ スターライト&サクラフブキ
SARY087/SARY085/SARY091/SARY089
定価:45,000円+税、60,000円+税

限定モデルのラインナップは!?


セイコー プレザージュ Starlight SARY085
澄み切った夜空に広がる星空をイメージして制作されたネイビーの文字盤が美しいSARY085。くさび型インデックスにシャープなドルフィンハンドもよく似合う。

Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す


セイコー プレザージュ Starlight SARY087
12時~4時位置に設置されたパワーリザーブインジケーターが洒落たSARY087。センターに向かって調合されたグラデーションが美しい。

Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す


セイコー プレザージュ Sakura Fubuki SARY091
SARY087にピンク色を調合したシルバー文字盤仕様のモデルがSARY091。オンオフ問わず着用しやすいのはSakura Fubukiの方かもしれません。

Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す


セイコー プレザージュ Sakura Fubuki SARY089
SARY087にピンク色を調合したシルバー文字盤仕様のモデルがSARY091。オンオフ問わず着用しやすいのはSakura Fubukiの方かもしれません。

Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す

レギュラーモデルのラインナップは!?


セイコー プレザージュ カクテル マティーニ SARY079
レギュラーモデルでオススメしたいのがこちらの「SARY079」。シルバーの文字盤にグリーンカラーがアクセントで入る洒落た仕様。

Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す


セイコー プレザージュ カクテル サイドカー SARY082
ピンクゴールドめっき色のケースにより、シャンパンのようなゴールド色に近いゴージャスな雰囲気となるサイドカー。

Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す


セイコー プレザージュ カクテル スカイダイビング SARY081
パワーリザーブインジケーター、インダイアル式のデイト表示が洒落たSARY081。シルバーにブルーが混ざったアイスブルーのようなカラーが魅力。艶のあるレザーストラップはユーザーから評判がよくないようなので要交換を検討したほうがよいかもしれません。

Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す


セイコー プレザージュ カクテル マンハッタン SARY078
レギュラーモデルの中でもっとも派手な印象となるブラウングラデーションの文字盤を採用したSARY078。マンハッタンをイメージしたカラーだそう。落ち着いた色合いなので、長く愛用が可能。

Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す


セイコー プレザージュ カクテル マルガリータ SARY076
シルバーに金めっきのステンレススチールケースは落ち着いた雰囲気を印象づけるマルガリータ。放射線状の文字盤は眺めていると吸い込まれていきそうなほど美しい。

Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す


セイコー プレザージュ カクテル ブルームーン SARY073
「Starlight」にも通ずる落ち着いたネイビー文字盤となるSARY073。しっかりとした作りとなる5連ブレスレットを装備。

Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す

セイコー好きな方はクリック♪

時計ランキング

「3rdダイバー=タートル」をスモールサイズとしたセイコー・ミニタートル(SRPC37K1・SRPC35K1・SRPC41K1・SRPC39K1)登場。

42.3ミリのミニタートル登場。

2017年の師走の時期に続々と新型プロスペックスが登場し、好事家を狂喜乱舞させている海外セイコー。昨年は「3rdダイバー」こと「タートル」が復刻したこともあり、2017年も多くの販売が至ったであろうプロスペックス。2018年に向けての新作は好調なタートルをさらに勢いづけるためか、ラインナップが拡充されました。

タートルにはカラーバリエーションが2型追加されました。ひと型はグレー文字盤の「SRPC23K1」で、もうひと型は青×黒ベゼルがロレックス・GMTマスターII・116710BLNRを彷彿とさせる「SRPC25K1」です。ともにサンレイ文字盤となるため、手首の角度によって文字盤の輝きが感じられる高級仕様となりました。もともとクラシックで武骨な雰囲気が持ち味だったタートルですが、販路を拡げる点においては新境地とも言えるモデルと言えます。価格は未定です
ブレスレット仕様・SRPC35Kの定価はNZD$860(日本円で68,000円くらい)、シリコンバンドのSRPC37K1、SRPC39K1はNZD$775(日本円で61,000円くらい)です。

そしてもうひとつのビッグニュースが「ミニタートル(ベビータートル)」の登場です。タートルが45ミリのケースサイズということで実用面においては若干オーバーサイズ気味。世の中のダウンサイジングの流れか、42.3ミリという若干サイズを抑えたボディで登場です。ムーブメントも4R35となり、日付表示のみの仕様。200メートルの防水スペックは継承されています。ルックスはインデックスがドットからカプセルを半分にしたような独特な形状となりました。新たな愛称が登場しそうなユニークなデザインです。リューズの位置も一般的な3時位置に変更されましたが、セイコーダイバーズの血統として4時位置にリューズを残しておいて欲しかったですね。

バリエーションは4型で、そのうちのひと型はPADI仕様となり、ウェーブ文字盤、針、文字盤、ベゼルが専用カラーとなります。こちらも現時点では価格は不明。いずれわかり次第、アナウンスしますのでご期待ください。

ミニタートルのバリエーション


セイコー プロスペックス ミニタートル PADI Ref.SRPC41K1
追加ではなく初めから導入されるPADI仕様。限定モデルなのかレギュラーモデルなのかは現時点では不明。

※画像はセイコー公式webサイトからの転載です。


セイコー プロスペックス ミニタートル Ref.SRPC35K1
もっとも定番で人気が出そうなブラック文字盤+ブレスレット仕様のSRPC35K1。ハードレックスクリスタル風防に拡大鏡が付いている豪華仕様。

※画像はセイコー公式webサイトからの転載です。


セイコー プロスペックス ミニタートル Ref.SRPC37K1
シリコンバンド仕様となるミニタートルがこちらのSRPC37K1。レトロダイバーズな雰囲気が感じられます。

※画像はセイコー公式webサイトからの転載です。


セイコー プロスペックス ミニタートル Ref.SRPC39K1
SRPC37K1のブルー文字盤×ブルーベゼル仕様。マットな質感の文字盤はクラシックな雰囲気ですね。

※画像はセイコー公式webサイトからの転載です。

新型タートルのカラーバリエーション


セイコー プロスペックス タートル Ref.SRPC23K1
タートルに追加されたサンレイ仕上げがエレガントなタートル。文字盤は落ち着いたグレー。風防はハードレックスクリスタル。

※画像はセイコー公式webサイトからの転載です。


セイコー プロスペックス タートル Ref.SRPC25K1
ブルー文字盤のサンレイ仕上げが美しいSRPC25K1。青×黒のベゼルがダイバーズモデルにはよく似合います。定価はNZD$840とのこと。日本円で67,000円だそうです。

※画像はセイコー公式webサイトからの転載です。

セイコーが好きな方はクリック!!
時計ランキングにほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へにほんブログ村

あわせて読んでおきたいヴィンテージ・「3rd」ダイバーとは!?


国内流通限定のブラックタートルの記事はこちら




タイ限定、セイコー・プロスペックス・ジンベイ・サムライ・SRPC43K1登場

ジンベイ・サムライ(Zimbe Samurai)・SRPC43K1登場

2017年にレギュラーモデルとして復刻を果たした「プロスペックス サムライ」。好調なセールスを記録しているようで、今年ラインナップに加わったにも関わらず、バリエーションモデルが早くも追加されています。この様子だと、2018年は国内導入があるかもしれません。

そんな「プロスペックス サムライ」に2017年師走のこの時期にこっそりリリースされたモデルを紹介しましょう。タイ限定モデルとなるジンベイ・サムライ・SRPC43K1です。セイコー・タイ向けのプロスペックス、スペシャルエディションの共通ネームとなる「ジンベイ」。今までにもタートル、ツナ、マリンマスター、スモー(SUMO)、ショーグンをベースとしてきた過去がありますが、2017年は満を持してサムライをベースとして登場しました。

今までのジンベイ・モデルを見ると今回のジンベイ・サムライは地味さは否めません。一見するとレギュラーモデル
の「SRPB55K1」のステンレススチールバージョンかぐらいでしかわかりませんでした。しかしながら、じっくりと観察すると玄人好みの特別仕様が施されていました。

特別仕様を順に紹介しましょう。まずは文字盤のロゴが異なります。12時位置部分にプロスペックスマークが移動し、6時位置にはゴールドで「LIMITED EDITION」表記が入ります。ケース、リューズはブラックコーティングではなく通常のシルバー仕上げ。そして注目したいところが日付表示部分。なんとサイクロップスレンズ(拡大鏡)が装備されています。日付の視認性が向上するため、レギュラーモデルにもいずれ装備されるのでしょうか?

シリコンバンドも付属し、シンガポール価格で948.00SGD。日本円で約79,000円。これを高いとみるか安いとみるか。プレミアム化は必至だと思いますので気になる方はお早目に。

オススメしたいポイント

1500本という希少性。レギュラーモデルにはないサイクロップスレンズ付きで実用性が向上。


セイコー プロスペックス ジンベイ サムライ Ref.SRPC43K1
タイ限定モデルとしてお馴染みの「ジンベイ」にサムライ仕様が登場。


セイコー プロスペックス ジンベイ サムライ Ref.SRPC43K1
スペックはレギュラーモデルに準じている様子。
Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す


セイコー プロスペックス サムライ Ref.SRPB55K1
レギュラーモデルのSRPB55K1。ブラック×ゴールドのカラーがたくましい、タイガーカラーモデル。ステンレススチールケースはブラックコーティング仕様となります。
Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す

セイコーが好きな方はクリック!!
時計ランキングにほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へにほんブログ村




2017年12月に発売される新作セイコー・プロスペックスは流通限定モデルとして登場

新作セイコー・プロスペックスは流通限定

2017年の師走の時期に突如導入されたセイコー・プロスペックスの新作カルテット。1本は定番ダイバーズ・メカニカル、SUMOのPADI仕様を彷彿とさせるペプシカラーモデル、「SBDC057」。スペックはレギュラーモデルと同様ながら、ブルー文字盤、赤青のベゼル、赤センターセコンドとド派手仕様。ネット限定で数量限定ではない模様。

残りの3本はオールブラックコーティング、ヴィンテージ調のルミブライトがクールな印象をイメージさせるブラックトリオ。復刻してからは初導入となるメカニカル・タートルをベースとした「SBDY005」、2017年に新作モデルとして登場したダイバースキューバ ソーラー「SBDL053」、「SBDJ035」の2種。

もっとも人気が集中しそうなモデルはメカニカル仕様のブラック・タートル「SBDY005」で、今後国内導入があるのかにも注目したいところ。各モデル、スペックはレギュラーモデルに準じます。ブラックトリオは各色300本限定となるため、争奪戦は必至。お早めにどうぞ。

オススメしたいポイント

ヴィンテージ・テイストのブラックトリオは人気が集中しそう。


セイコー プロスペックス ダイバースキューバ メカニカル タートル Ref.SBDY005
今回の流通限定モデルでもっとも人気が集中するだろうモデルがこちらのタートル。タートル・ブラックという俗称となるのでしょうか。定価60,000円+税。300本世界限定。2017年12月発売。Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す


セイコー プロスペックス ダイバースキューバ ソーラー Ref.SBDJ035
2017年に登場した大人気モデル、ダイバースキューバ ソーラーをベースとしたブラックモデル。ヴィンテージ・テイストのルミブライト、オレンジの長針がクールな逸品。定価45,000円+税。300本世界限定。2017年12月発売。
Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す


セイコー プロスペックス ダイバースキューバ ソーラー Ref.SBDL053
ダイバースキューバ ソーラークロノグラフをベースとしたブラックモデル。クロノグラフボタンの造形がブラックカラーにより迫力を増しています。定価48,000円+税。300本世界限定。2017年12月発売。Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す


セイコー プロスペックス ダイバースキューバ メカニカル SUMO Ref.SBDC057
セイコー・ダイバーズの定番メカニカルモデル、SUMOに新たに登場したペプシモデル。PADI仕様ではないかと思わせる派手なカラーリング。定価41,944円+税。2017年12月発売。Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す

セイコーが好きな方はクリック!!
時計ランキングにほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へにほんブログ村




セイコー グランドセイコー ハイビート36000 250本限定 「62GS」 Ref.SBGH261


セイコー グランドセイコー ハイビート36000 250本限定 「62GS」 Ref.SBGH261
美しいグリーン文字盤にイエローの差し色が爽やかな「62GS」復刻デザイン。新「GS」ロゴモデルとしては初の「62GS」復刻モデル。

※画像はセイコー公式webサイトからの転載です。

セイコー グランドセイコー ハイビート36000 250本限定 「62GS」 Ref.SBGH261とは!?

2014年6月に発売された世界限定600本となる「Ref.SBGJ005」を彷彿とさせる、250本限定モデルの「Ref.SBGH261」が登場。今回はセイコープレミアムブティック/セイコープレミアムウオッチサロン限定というまさにプレミアムモデル。グリーン文字盤にイエローの差し色は岩手県の森林をイメージしたカラーなのでしょうか。グリーンの文字盤は縦のストライプが入り、さらに上質な雰囲気が与えられています。

「62GS 現代デザイン」はケースのサイドにある「超接線」から「かん足」の流れるようなフォルムが特徴で、ヴィンテージ市場においても未だ高い人気を誇るモデル。セイコースタイルのデザインを決定付けたことでも知られ、現代のセイコーにも継承されている「ザラツ研磨」などの技術が組み込まれたモデルとなります。ムーブメントはハイビート仕様のメカニカル・キャリバーCal.9S85を搭載しています。

250本という非常に希少なモデル。お探しの方はお早目に。

オススメしたいポイント

「62GS」現代デザインをベースとしたプレミアム限定モデル。250本限定という希少性にも注目。

セイコー グランドセイコー ハイビート36000 「62GS」復刻デザイン Ref.SBGH037
「62GS」の特徴あるフォルムを現代流に解釈したモデル。セイコースタイルの伝統が受け継がれたサイドケースの「超接線」から「かん足」の造形は見事。ステンレススチールケース。発売当時の定価620,000円+税。1000本世界限定。2015年6月発売。

※画像はセイコー公式webサイトからの転載です。


セイコー グランドセイコー ハイビート36000 「62GS」復刻デザイン Ref.SBGH039
「62GS」の特徴あるフォルムを現代流に解釈したモデル。深いブラウンの文字盤は落ち着いたコーディネイトに映えそう。販売本数は700本とさらに少ない。ステンレススチールケース。発売当時の定価620,000円+税。700本世界限定。2015年6月発売。

※画像はセイコー公式webサイトからの転載です。


セイコー グランドセイコー スプリングドライブ 「62GS」復刻デザイン Ref.SBGA125
「62GS」の特徴あるフォルムを現代流に解釈したモデル。ムーブメントはセイコー独自のスプリングドライブ仕様。ブライトチタンケース。発売当時の定価620,000円+税。1000本世界限定。2015年6月発売。

※画像はセイコー公式webサイトからの転載です。


セイコー グランドセイコー スプリングドライブ 「62GS」復刻デザイン Ref.SBGA127
SBGA125のブルー文字盤仕様。ムーブメントはセイコー独自のスプリングドライブ仕様。ブライトチタンケース。発売当時の定価620,000円+税。700本世界限定。2015年6月発売。

※画像はセイコー公式webサイトからの転載です。

スペック

グランドセイコー
グランドセイコー ハイビート36000 250本限定 「62GS」/Hi-beat 36000 「62GS」
型番:SBGH261
発売日:2017年11月
ムーブメント:自動巻きCal.9S85
ケース幅:40ミリ×厚さ12.9ミリ
定価:620,000 円+税

Ref.SBGH261を購入するなら

コチラ

グランドセイコー「SBGH」系を購入するなら

Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す
セイコーが好きな方はクリック!!
時計ランキングにほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へにほんブログ村




セイコー プロスペックス 3rd復刻 グリーンタートル(緑亀・アオウミガメ)SRPB01K1


セイコー プロスペックス 3rd復刻 グリーンタートル(緑亀・アオウミガメ)SRPB01K1

※画像はStrapcodewebサイトからの転載です。

セイコー プロスペックス 3rd復刻 グリーンタートル(緑亀・アオウミガメ)SRPB01K1

今回はセイコー・ダイバーズでもっとも普及したであろう「3rd」、それも復刻のアジア限定というニッチなグリーンタートル(緑亀・アオウミガメ)SRPB01K1をご紹介です。2016年12月にアジア限定(日本は含まれず)でわずか3500本限定という将来プレミア化させるかのようなモデルが販売されました。

当時は「3rd復刻」が発売される前ということもあり、狼煙とばかりにアジア限定で販売されたのでしょう。その狼煙によってかアッという間に転売対象モデルとなり、現在入手はほぼ不可能。定価(8万円くらい?)以上のプレミア価格で流通しているようです。

レギュラーモデルの「プロスペックス 3rd復刻」と異なる専用部品は美しいエメラルドグリーンの文字盤、同じく20の目盛までエメラルドグリーンの回転ベゼル、15秒間隔でイエローとなるミニッツトラック、先端がイエローとなるセンターセコンドでしょうか。化粧箱、シリコンストラップが付属するのはセイコー限定モデルではお馴染みですね。

搭載される自動巻きムーブメントはレギュラーモデルと同様にCal.4R36となり、手巻き機構付きとなります。曜日は品番がK1となるため、「英語+スペイン語」の表示となります。ケースサイズは45ミリ、その他仕様はレギュラーモデルと同等です。

いずれにしてもすでに完売モデルだけに見つけたら即購入が必須のモデルですね。

オススメしたいポイント

アジア地域(日本は別)向けにわずか3500本限定で販売された希少モデル。セイコー好事家によりほとんど市場に出回っていないグリーンタートル。美しいカラーは下記のようにブレスレット、ストラップを替えるだけでこんなにも愉しめる。


セイコー プロスペックス 3rd復刻 グリーンタートル(緑亀・アオウミガメ)SRPB01K1

定番の3連オイスターブレス仕様。316L素材のため、5連ジュビリーブレスレット同様にガッチリとした装着が得られます。

※画像はStrapcodewebサイトからの転載です。


セイコー プロスペックス 3rd復刻 グリーンタートル(緑亀・アオウミガメ)SRPB01K1
5連ジュビリーブレスレット仕様を装着したグリーンタートル。板巻きブレスではなく316Lなのでガッチリと手首をホールドしてくれます。

※画像はStrapcodewebサイトからの転載です。


セイコー プロスペックス 3rd復刻 グリーンタートル(緑亀・アオウミガメ)SRPB01K1
シャークメッシュブレスは1970年代のダイバーズモデルに採用されていたクラシカルなブレスレット。3rdも当時デザインされていた時計なのでよく似合います。

※画像はStrapcodewebサイトからの転載です。


セイコー プロスペックス 3rd復刻 グリーンタートル(緑亀・アオウミガメ)SRPB01K1
ブラックカーフのイタリアンレザーストラップ仕様。黒革なので手元を落ち着いた雰囲気とさせてくれます。

※画像はStrapcodewebサイトからの転載です。

スペック

セイコー
プロスペックス 3rd復刻/Prospex 3rd
型番:SRPB01K1
発売日:2016年12月
ムーブメント:自動巻きCal.4R36
ケース幅:45ミリ×厚さ-ミリ

セイコー プロスペックス 3rd復刻 グリーンタートル SRPB01K1を購入するなら

Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す

その他のセイコー プロスペックス 3rd復刻を購入するなら

Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す


時計ランキング

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村




セイコー 150mダイバー 2nd・前期型 Ref.6105-8000


セイコー 150mダイバー 2nd・前期型 Ref.6105-8000

※画像は京都屋サイトからの引用です。

セイコー 150mダイバー 2nd・前期型 Ref.6105-8000

セイコーダイバーズの系譜においての2ndダイバーは通称「植村ダイバー(前回の記事参照)」として現在もヴィンテージ市場では人気を博しているモデルとなります。こちらはそちらの2ndの前期型となります。リファレンスはRef.6105-8000、Ref.6105-8009が存在するようですが、その違いは販路、もしくは工場が異なるのかはわかりません。

1stモデルとなる「62MAS-010」を継承したスクエア型のインデックス、ジェンタ風の「C-Line」を彷彿とさせるケースデザインは2ndから後の3rdへと受け継がれていきます。後期型は冒険家「植村直己氏」の意見が反映されたのか、個性的なリューズガードが特徴で前期型は大きく異なるデザインとなります。故に市場人気は後期型に人気を譲ります。

機能面においても前期型はリューズロック、ハック機能が付かないため、わずか数年となりますが技術革新のスピードが高い時代だったことを想像させます。故にムーブメントも異なり、前期型はCal.6105Aを搭載(日付早送り、手巻き補助なし)。この辺は現在、日常使用とするならば若干手間がかかることを予めご承知しておきたい部分となります。ヴィンテージ時計好きには「味」の部分ですがね。

オススメしたいポイント

セイコー150mダイバーの2ndで有名なのが後期型の「植村ダイバー」で、前期型は後期型のような特徴のあるリューズガードを備えていないこと、また生産期間が短いことで市場流通が少ないことがあげられます。


当時としてはかなり大型となる41ミリケースサイズを誇ったセイコー・150mダイバー 2nd 前期。

※画像は京都屋サイトからの引用です。


ハック機能が付いていないシンプルなCal.6105A。裏蓋にオーバーホールを行った日付が確認できます。

※画像は京都屋サイトからの引用です。


イタリアンレザーストラップに交換されているようです。後年のセイコーダイバーズ用蛇腹ラバーストラップに交換してもおもしろいかも。

※画像は京都屋サイトからの引用です。

スペック

セイコー
150mダイバー 2nd 前期/150m Diver 2nd
6105-8000
1968年製
Cal.6105A

セイコー 150mダイバー 2ndを購入するなら

Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す

スピリットを継承する現行セイコーダイバーズを購入するなら

Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す


時計ランキング

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村




セイコー グランドセイコー ハイビート36000 GMT 700本限定 孔雀 Ref.SBGJ227


セイコー グランドセイコー ハイビート36000 GMT 700本限定 孔雀 Ref.SBGJ227

※画像はセイコー公式サイトからの引用です。


ザラツ研磨で磨かれたグランドセイコーの美しいケース。平面の歪みがなく、日本人だからこそできる緻密な作業が愉しめる。

※画像はセイコー公式サイトからの引用です。


セイコーのロゴはオミットされ、「GS」、「GMT」、「GMT針」がゴールド色となり、グリーンの文字盤は孔雀を彷彿とさせる。

※画像はセイコー公式サイトからの引用です。

セイコー グランドセイコー ハイビート36000 GMT 700本限定 孔雀 Ref.SBGJ227とは!?

2014年のバーゼルワールドで登場したグランドセイコー・ハイビートムーブにGMT機構を搭載した「SBGJ」系。1967年に発売された「44GS」をモチーフとしたセイコースタイルを継承したモデルとなります。「44GS」のデザインアイデンティティとも言える幅広のケースラグは重厚感と美しさを高次元でまとめ上げたともいえるでしょう。

磨きまれた超短針、秒針に加えられたGMT針は文字盤によってカラーが異なるのもポイント。シルバー、白文字盤には青針、黒文字盤には赤針、限定モデルにはゴールド針が備わります。

今回、紹介するSBGJ227は海外限定700本モデル。2014年に世界限定600本で販売されたSBGJ005に見られる美しいグリーン文字盤となりますが、よく見ると岩手山の尾根とは異なる装飾が! 翻訳してみるとどうやら孔雀をモチーフとしているとのこと。ムーブメントは自動巻きのCal.9S86を搭載しています。

国内にはアナウンスされていないため、海外のみの販売になるかは現時点では不明です。定価を日本円で計算すると100万円オーバーとなり、グランドセイコーも高くなったなぁと感慨深くなりました。

歴代グランドセイコー「SBGJ」系をおさらい

SBGJ227発売記念ということで(!?)、過去リリースされた「SBGJ」系をおさらいしてみましょう。2014年リリースなので、中古市場にもポツポツと登場しているようです。人気モデルということもあるのか50万円前後という価格で推移しているようです。雫石高級時計工房で生産された国産最高峰のメカニカルハイビートモデルがこの価格で手に入れられるのならばだいぶ割安と考えられるでしょう。


セイコー グランドセイコー ハイビート36000 GMT Ref.SBGJ001
岩手山の尾根を装飾したシルバー文字盤と青色のGMT針が上品。発売当時の定価630,000+税。2014年6月発売。

※画像はセイコー公式サイトからの引用です。


セイコー グランドセイコー ハイビート36000 GMT Ref.SBGJ003
オーソドックスな黒文字盤となりますが文字盤には岩手山の尾根がさりげなく装飾されています。発売当時の定価630,000+税。2014年6月発売。

※画像はセイコー公式サイトからの引用です。


セイコー グランドセイコー ハイビート36000 GMT Ref.SBGJ005
世界限定600本となるリミテッドモデル。岩手県の森林をイメージした深いグリーン文字盤が美しい。専用となるゴールドローターを装備。発売当時の定価660,000円+税。2014年6月発売。

※画像はセイコー公式サイトからの引用です。


セイコー グランドセイコー ハイビート36000 GMT Ref.SBGJ013
約30%のダイエットに成功したブライトチタン素材となるSBGJ013。縦ストライプの文字盤はブラックとなるがダークブラウンにも見える独特なカラー。発売当時の定価730,000円+税。2015年4月発売。

セイコー グランドセイコー ハイビート36000 GMT Ref.SBGJ021
セイコー創業135周年記念モデル。朝焼け時の岩手山の情景を模した文字盤、暁の光が昇っていく様をグラデーションで表現したローターが特徴。700,000円+税。世界限定500本。2016年11月発売。

※画像はセイコー公式サイトからの引用です。


セイコー グランドセイコー ハイビート36000 GMT Ref.SBGJ023
髙島屋 横浜店 限定モデル。ピンクゴールドのGMT針と獅子の紋章が描かれたブルーの文字盤が魅力。発売当時の定価700,000円+税。世界限定25本。2016年発売。

※画像はセイコー公式サイトからの引用です。


セイコー グランドセイコー ハイビート36000 GMT Ref.SBGJ201
新「GS」ロゴを配した現行型の白文字盤。発売当時の定価670,000円+税。2017年5月発売。

※画像はセイコー公式サイトからの引用です。


セイコー グランドセイコー ハイビート36000 GMT Ref.SBGJ203
新「GS」ロゴを配した現行型の黒文字盤。発売当時の定価670,000円+税。2017年5月発売。

※画像はセイコー公式サイトからの引用です。


セイコー グランドセイコー ハイビート36000 GMT Ref.SBGJ211
新「GS」ロゴを配した現行型の白文字盤+縦ストライプ。ブライトチタンケース。発売当時の定価770,000円+税。2017年5月発売。

※画像はセイコー公式サイトからの引用です。


セイコー グランドセイコー ハイビート36000 GMT Ref.SBGJ213
新「GS」ロゴを配した現行型の黒文字盤+縦ストライプ。ブライトチタンケース。発売当時の定価770,000円+税。2017年5月発売。

※画像はセイコー公式サイトからの引用です。

スペック

グランドセイコー
ハイビート36000 GMT 限定「孔雀」/Hi-beat 36000 GMT 「peacock」
型番:SBGJ227
発売日:2017年10月
ムーブメント:自動巻きCal.9S86
ケース幅:40ミリ×厚さ14.4ミリ
定価:7,700 Euro(約102万)

グランドセイコー「SBGJ」系を購入するなら

Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す


時計ランキング

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村

セイコーダイバーズウオッチの進化の過程を知るなら必読。

セイコー 150mダイバー 3rd・Ref.6306-7001


国内市場向けに販売されていた、セイコー 150mダイバー 3rd・Ref.6306-7001。

※画像はスイートロードwebサイトからの引用です。

セイコー 150mダイバー 3rd・Ref.6306-7001とは!?

前回、ご紹介した「セイコー 150mダイバー 2nd・Ref.6105-8110」に引き続き、今回はその後継機とも言うべき、「セイコー 150mダイバー 3rd・Ref.6306-7001」を紹介いたします。

1965年に発表された「62MAS-010」から続くセイコー・ダイバーズの歴史において、通称「3rd」、海外では「Turtle(タートル)」と呼称されていることでも知られるモデル。2017年にサムライ・ブルーラグーン(SRPB09)と同時に海外で復刻(SRPB11)されたことは記憶に新しいところ。最近のセイコーは過去のヘリテージモデルを蘇らせていることはセイコー好事家としては嬉しいところ。

さて、こちらのオリジナル3rdは、例によって国内版と海外版が存在。リファレンスは国内版がRef.6306で、海外版がRef.6309となります。ネット上では流通している海外版の殆どが偽物という話も。ムーブメントも異なり、国内版は21石(海外版は17石)を搭載したCal.6306Aとなります。

オススメポイント

2ndとの外見上の大きな違いはタートルと言われるケースのデザイン、ドットインデックスが大きなところでしょうか。ダイバーズ時計らしいデザインが完成されたのも3rdからと言ってよいでしょう。

さて、こちらの個体は1979年製。曜日表示は日本語と英語が切り替わり、外装は年式にしてはコンディションが優れているとのこと。シブい動きとなりやすい回転ベゼルのクリック感も良好の様子。年々、コンディションが優れたオリジナルモデルが少なくなってきているため、決断はお早めに。


ダイバーズ時計のスタンダードとも言えるフェイスはこの頃に完成していた。6時~7時位置には「JAPAN」の表記が見られる。


無骨な自動巻き、Cal.6306Aの姿が見られる。22ミリ幅のセイコー純正ウレタンストラップは新品に交換済み。


タートルの美しいサイドビュー。ケースバックに向かって美しく傾斜されている。

スペック

セイコー
150mダイバー 3rd/150m Diver 3rd
6306-7001
1979年製
自動巻きCal.6306A
150メートル防水

Yahoo!ショッピングで探すなら

↓↓↓コチラ

楽天市場で探すなら

↓↓↓コチラ


時計ランキング

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村

セイコーダイバーズウオッチの進化の過程を知るなら必読。