300mダイバー・セイコー・マリーンマスター プロフェッショナル・SBDX017・「mm300」

300メートル防水の本格ダイバーズ

SBDX017
セイコー・プロスペックス マリーンマスター プロフェッショナル・SBDX017
2015年8月に登場したSBDX017。それまでのSBDX001(ディスコン)を踏襲したモデル。270,000円+税。
Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す

SBDX001
セイコー・プロスペックス マリーンマスター プロフェッショナル・SBDX001
2006年10月に登場したSBDX001。後継のSBDX017との違いはリューズにプロスペックスマークがなく、ダイヤシールド加工が施されていない、ルミナスの照射時間が異なります。生産終了後も根強い人気のモデル。270,000円+税。生産終了品。
Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す

SBDX019
セイコー・プロスペックス ダイバースキューバ ヒストリカルコレクション 国産ファーストダイバーズ 復刻デザイン・SBDX019
2017年7月8日に登場したSBDX019。2017年3月のバーゼルワールドで発表され話題を独占した「62MAS-010」復刻モデル。近年のセイコーモデルとしては唯一とも言えるプレミア化となったモデル。と中古市場の価格も高値安定傾向。350,000円+税。世界限定2,000本。
Yahoo!ショッピングで探す
楽天市場で探す

ムーブメントはあの話題となった限定モデル「SBDX019」と同じ8L35搭載

セイコー・プロスペックスの上級ライン「マリーンマスター プロフェッショナル」の上級モデルSBDX017、通称「mm300」を紹介。ルーツを遡ると1968年に発売された「メカニカルハイビート300m防水ダイバーズ」に辿りつきます。一見した違いは文字盤の表記とゴールドインデックス&ハンド、ベゼルのゴールドレタリングだけとも言えます。ちなみにこのモデルの復刻版が2018年に登場するという噂がありますが果たして。。。

SBDX017は2015年に施行された「プロスペックス」ラインの統合により登場したモデルで、前型となる「SBDX001」は2006年10月から販売されていました。10年以上も販売されているモデルだけにその完成度は熟成の域に達していると言えるでしょう。

ムーブメントはダイバーズウオッチに求められるハイレベルな試験を課された「Cal.8L35」を搭載。セイコーの高級時計製造工房「雫石高級時計工房」で組み立てられたムーブメントで、上級モデルにのみ搭載が許されています。50時間パワーリザーブ、装飾が施されたローター(ワンピース構造で見えませんが)などセイコーのこだわりが凝縮されたものとなります。2017年7月に復刻されプレミア化となった、あの「SBDX019」にもこちらの「Cal.8L35」が搭載されています。

ケースサイズは幅44.3ミリ×厚み14.6ミリという堂々としたもの。重量は214グラムとロレックス・サブマリーナデイト・116610LNが160グラムとなるので重量感たっぷりと言えるでしょう。付属するウレタンバンドに交換すれば重さは軽減するかもしれませんね。

セイコー・ダイバーズの血統を色濃く残したダイバーズモデル。興味のある方はいかがでしょうか?

オーナーのクチコミ

・ベゼルの動きが滑らかで全体的に質感が高い。
・厚みがありシャツの袖口に収まりが悪いがその分存在感がある。

スペック

  • ブランド名:セイコー
  • モデル名:プロスペックス マリーンマスター プロフェッショナル「mm300」
  • 型番(Ref.):SBDX017
  • 駆動方式:自動巻き
  • ムーブメント:8L35
  • 防水性能:300m飽和潜水用防水
  • ケース材質:ステンレスケース(一部硬質コーティング)
  • 機能:カレンダー機能、逆回転防止ベゼル
  • 定価:270,000円+税
  • 発売日:2015年8月

セイコーが好きな方はクリック!!

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ